「赤紙」
芝居をします。
赤紙記事
(昨日の北陸中日新聞)

(記事内容ではありません)
劇は毒か薬か。
ロックは気づきか。
映画「マトリックス」、アニメ「攻殻機動隊」などの名作の胸の空くようなアクションはありませんが、芝居です。

「戦争」というものは、誰も皆、忌避するのにもかかわらず、無視を決め込んだ途端あなた自身が荷担してしまう。

 この「戦争」の部分をほかのもの・・・例えば「原発」「沖縄」「フクイチ」「貧困」に置き換えても成り立つと思います。

「赤紙」を配達する時、配達する対象者を決める時・・・サイコロで決めていたわけではない周到で精密な用意があった。
そして否応なく暮らしから引きはがされてしまう。


映画「帰ってきたヒトラー」は、娯楽としては多少もっさりしているけれども、徹頭徹尾「同化すること」への「疑い」を画面の向こうから投げてきます。
あんなことは「骨身にしみてもうコリゴリだ」戦争を動かすMONEYの奴隷にだけには金輪際なるもんかという決意すら感じます。

と、たかがフィクションをつくる時にさえ、こういうところから出発しているドイツ人の気風にあこがれてしまいます。

「考えるな、闘え!」の対局に、情報を集め、想像力をもって読み取り考えることの尊さがあると思います。

私は、普通に初詣にも行くし、今上天皇様は尊崇してるし、アメリカ映画も観るし、ブリティッシュロックが好きだし、テレビっ子だし・・・でもまぁ、分類するなら私は民族主義左派とでもいえる程度のいい加減なものなのでしょう。
しかしこの状況は、もはやそんな悠長な分析など意味を成さないところに来てしまった。

「イデオロギー」だ「右」だ「左」だも意味を成さず、意味を持っているのは「売る」か「売られるか」くらいだし、それが己が身に降りかかるかどうかなのだろうと思う。
赤紙表 赤紙裏 
 



★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK213 > 184.html
昨年夏のマスコミの態度をハキリ覚えている!! 
http://www.asyura2.com/16/senkyo213/msg/184.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 20 日
   
昨年夏のマスコミの態度をハキリ覚えている!!
http://79516147.at.webry.info/201609/article_156.html
2016/09/20 01:07 半歩前へⅡ


[2016/09/22 01:21] | シバイ | page top
部活動が減っている 特に演劇部
金沢は文化都市であるといいます。
確かに以前から伝統文化の保存・継承に手厚く、謡が空から降ってくると言うくらいの土地柄なのですが・・・
様々な世界観を「板」の上に提案する総合芸術教育としての演劇部活動。

今それが石川では減少しています。

活動が減っている 特に演劇部

能登地区や加賀地区は激減。
金沢レベルで見ますと高校はかろうじて半減で留まっていますが、中学は壊滅状態です。金沢市にある中学の内2~3校しか演劇部を維持していません。しかもそれに入部している生徒は1校5~6人程度ですので、金沢市全市で演劇部活動に向かう中学生が多く見積もっても20人程度という……この子達がそのまま高校で演劇を志すかどうかは定かではありませんが、レッドデータブックものの絶滅危惧種なのです。
演劇という比較的自由な表現活動に対する理解と、活動の実際において、金沢の文化度、つまりは生活の内実はそれほど褒められた状態ではないのではないかと・・・
つまり「衣食足りて礼節を知る」です。(飛躍御容赦!)
8時間働き、8時間自分の時間を持ち、8時間寝る(ムヒカ氏)というのが重要なイメージだと考える自分とすれば、隣県の富山・福井の方が、様々な形で子供が学校現場や生活周辺で表現の場にいられる状況があり、人材の枯渇などということが深刻になっていないところを見ると、金沢が文化都市の看板を掲げることそのものが危ういのではないかと実は危惧しています。

今年20周年を迎える金沢市民芸術村という画期的な施設も結局のところ次世代の育成、などの面で幾何かの関わり合いは発生しているのですが、体系的なものになるには成長半ばで、未だ「市民が安く使える稽古場」「安く使える劇場」という発想から出ていないのが厳しいと考えます。
20周年を迎えた、いまこそ、発想の転換と、もともと持っていた使命と理想の再確認、広く人々に対して関わりを持っていくことが必要だと思います。
ちょうど今年の10月から10週間あまりを費やし記念演劇祭が行われるようです。ここに集う地元演劇愛好家をコアとして「市民自治」の扉を開いた「金沢市民芸術村」のことを「考え」「開いて」いくことが求められるのではないかと考えます。
演劇のもつ可能性を拡大し、土佐の長宗我部氏による一領具足的(あくまで文化活動を行うこととして解釈しています)、生活の横に文化表現活動を置く豊かさを拡張することこそがこの金沢という土地に福利をもたらすと考えるのです。


さて演劇部のことに話を戻します。

演劇部の効用・・・効用というカタチではあまり唱えたくはありませんが、この際、例えばで申し述べてみます。

例えば

・・舞台を創出するためには、相手のことを考えることや、様々な仲間との連携が必要になりますので、コミュニケーション能力の向上にも役に立つと思われます。

・最近求められるプレゼンテーション能力の向上にも役に立つと思われます。

・小とはいえ演劇部は組織ですので、部内をまとめ上げるためのリーダシップも求められます。

・一つの事象を様々言葉で言い換える語彙の発達が期待できます。

・舞台の上では最終的に肉体で表現するため、身体訓練も一定量必要になりますので、アスリートとはいいませんが、鍛錬が必要です。若い十代のウチに取り組めば身体能力の拡張が期待できます。

・温故知新ということで名作に「音読」というカタチでふれたりすることも期待できます。

・技術を磨くということにおいては芸能なので、何らかの芸能を身につければ、座持ちが良くなるかも知れません。

・「美」的なものを追求するということにおいては芸術でありますので、美的センスが培われ、人生のなかでそれが使える時が来るかもしれません

ま、半ば冗談のような感じになりつつありますが、少し考えただけでも演劇の及ぼす効用・影響は多岐にわたり、まさに総合的なものであることが想い描くことができます。

反面、金沢では昨今、勝った負けたがハッキリしているものが重用される傾向にあるようですが・・・

これなど大手広告代理店の提供するプログラムに乗ってしまった方が一部の人が儲かる、事は有る、かも、知れませんが・・・
地域に流通しているお金を吸い上げ、どこかへ移動してしまう手立てにも見えなくもない・・・w。
もし地方がそのような事を考えているとすればあまり褒められたことではないのは当然ですね。

おそらくは混乱が大きな原因だと思います。
混乱を起こせ・・・どこかの会社の鉄則ですねw。

昨今の教育現場の変化(混乱)が大きく影響しているものと思われます。
聞くところによると、勝った負けたがハッキリしている分野の活動をする教師は異動の際、配慮があるようですが、それ以外の分野の活動をする教師の異動の際には、むしろその部活がない学校へと移動させられる事例が多いとのこと。
・・・人事に於けるパワハラ?ですか?ねぇ(+o+)。
実際、高校演劇県大会の審査をやって「あれ?去年の先生は?いないですね?」という事例が見受けられますしねw。

現場ではミスマッチがおきている可能性を感じます。

いずれにせよ情報の少ないこの状況からですが、ムリクリ読み取ると「使える・使えない」がキーワードのように見えます。
だれにとっての「使える・使えない」なのか。
これは考える必要がありそうです。


----------


★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK211 > 130.html
「ぼんやりしてたら大変なことになる。憲法守れの声が湧いてほしい」市原悦子さん
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/130.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 11 日 18:00:05
   
「ぼんやりしてたら大変なことになる。憲法守れの声が湧いてほしい」市原悦子さん
http://ameblo.jp/takumiuna/entry-12189281460.html
August 11, 2016 かばさわ洋平

ぼんやりしてたら大変なことになる。憲法守れの声大きく!

戦争童話朗読を30年にもわたって続けている市原悦子さんが、今こそ憲法守れの声を大きくしていかなければならないと訴えています。戦後71年の夏、戦争の悲惨さを引き続き語り継ぐことは本当に重要であり、みんなが声をあげていくことで変わっていくという言葉をかみしめて私も声をあげていきたいと思います。




やはり「法」によって統治され、人々の生活や命や考えが保障されるというのはとても重要であると考えます。

創造力があり、想像力がある。そして行動力を伴う。

誰かにとっては、都合が悪いことかも知れません。

でも多様性が担保されていると
危機が起こった際、
その集団が生き残る可能性が増えるのは
もう実証されているはずです。



[2016/08/12 11:37] | シバイ | page top
本日、芝居します!
けいこばしばい
ホントに、いろいろあって、やぶにらみでドタバタして、きりきり舞いして、何やってんだろうって状態ですが、なんとか、皆さんのおかげで芝居ができます。
現在集まってきてくれているメンバーで考えた場合これが最善と思える選択したつもりです。
他にもあるのです(実現できていない作家の皆さんスミマセン1この場を借りてお詫び申し上げます。)。
まだまだ、やりこんでいきます。

ささやかな芝居ですが、これをもっていろいろなところへ入り込んでいこうと思います。

そして

芝居っておもしろいな。

これは使える


と思って戴けると嬉しいのです。



けいこばしばい

文字通り稽古場で芝居をうちます。
アトリエ公演というヤツですね。

三本のものを小一時間にまとめました。
仕事を持ってやっている。この街で生きながら、こういう活動をする。
実は芝居は、それ自体が社会的な活動なので、こんな活動が行われる街というのは、以外にも良いのかもしれません。

劇団110SHOW
http://www.roy.hi-ho.ne.jp/isam/110show.html

金沢市神田2丁目5-20 〒921-8027

今日の19時からです。

[2016/06/25 08:38] | シバイ | page top
「地獄変」今日と明日です。
本日18時から
明日14時から
金沢市民芸術村パフォーミングスクエア
なかなかたいへんでしたが、ようやくここまでたどり着きました。
jigoku2
jigoku
五十の坂を越えると、調整がなかなかたいへんです。
精一杯つとめさせて戴きます。
[2016/03/26 07:50] | シバイ | page top
金沢市民芸術村ジュニアクラブ第5回公演「にぎやかな図書館」
今は、子供たちと芝居をつくっています。
まさに追い込み!
佳境

ホッコリしますよ。


2016/03/12 (土)~2016/03/13 (日)

金沢市民芸術村ドラマ工房

ジュニアクラブ第5回発表公演
「にぎやかな図書館」

夜の図書館に迷い込んでしまった2人の少女。
静まりかえっているはずの部屋から
聞こえる聞こえる不思議な声が・・・

■日時
2016年
3月12日(土)
①13時開演 ②16時開演

3月13日(日)
①10時半開演 ②14時開演


■場所
金沢市民芸術村
PIT2 ドラマ工房

入場無料(整理券を配布します)


■お問い合わせ
金沢市民芸術村 TEL 076-265-8300

詳細は下記の青い文字をクリックし、
チラシをダウンロードしてご確認ください。

関連ファイル
img038 (706.11KB)
img039 (684.24KB)



明日は311から5年か・・・

[2016/03/13 14:15] | シバイ | page top
七尾で++Play
石川、能登、七尾。
ここも平成の合併の後、様々なことが変わりはじめているところ。
能登中島演劇堂という、希有な場所もある、東雲高校という演劇コースを持つ学校もある。
しかしながら、市民と演劇のあいだには乖離がある。

そこに、すこしでも入り込み、気づきを共に共有したい。


--------------------------------

楽しく、美味しく。演劇を味わおう

今話題の「御祓川大学キャンパス-banco」とのコラボレーション!

ドラマリーディング朗読×料理

『名前は聞いたことあるけれど、意外と聞いたことのない名作を金沢で活躍する老舗劇団と能登の食材を使った素敵な料理と共に 聴いて、味わう、冬のひと時。』

美味しい料理を食べながら、朗読を聴く冬のひと時。
能登の食材にこだわり美味しいお惣菜を作る「ニコデリ」と、
金沢で30年間、芝居を打ち続けている「劇団110SHOW」が創る、演劇空間。
  食事という日常に、非日常をお届けします。

日時:12月20日(日)12:00~14:00

会場:御祓川大学メインキャンパス「banco」
   石川県七尾市生駒町3-3
   御祓川大学
http://academy.misogigawa.com/

     地図
https://goo.gl/maps/mjC54XGLsLK2

料金:2,000円(ランチ代込み)

お問合せ:ryo.atelier24@gmail.com
     090-1650-5587(原)

__________________
     当日のスケジュール    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
12:00 開演(30分前開場)
 「蜘蛛の糸」
 「料理の一歩」
 「結婚相談所 えびすや」

13:00 ランチタイム&アフタートーク
 「マチと演劇の関係」

14:00 終了予定

--------------------------------

どうぞお越しください。


[2015/12/10 09:14] | シバイ | page top
金沢でみた「天才脚本家」という芝居
この芝居は足を運んで観たほうがいいと思います。
表現集団tone!tone!tone!「天才脚本家」。
金沢の声優プロダクションを母体とする演劇をするカンパニーです。
今日と明日やっています。
金沢市民芸術村ドラマ工房です。
多分、人はこれをみていろいろいうと思います。
それも確かにそうだけど、実はそういうことじゃないのでは?という視点から述べて見てみようと思います。

表現をする衝動に駆られて舞台に立つ。
それをみて囃すお友達やご家族ご親戚、有縁の方達だろうか。そんな観客が集まり、その舞台と出会う、そんな様子。
まずそのことが素晴らしい。
そしてその内容がまさに「今」を描こうとしている。2001年に書かれたものなので正確には今ではないのですが内容は極めて「今」。ホントに見事に「今」です。

国家に大きなウソをつかれると一般の人は虚を突かれ、ただその様子を傍観し、やり過ごしてしまう。スズメバチに襲われたミツバチの巣箱状態です。ショックドクトリンです。

脚本はこの国の現状を、人々がマスコミ・広告代理店により肝心なことから目を逸らされ、コントロールされ、その裏で操るもの(官僚/米国)が人々からしたたり落ちる果実をかすめ取るという様子をいくつかのヒーローものの鋳型を借りて活劇の形の寓話仕立てにし、まるごと描こうとしています。この辺りが2001年的です。娯楽映画へのオマージュも感じます。
しかし脚本は、実はこのファンタジーの形をとったところに、腰が退けた感じ……少し意地悪く言えば、観客との距離感に対する一種の“照れ”のようなものが見て取れるようなのですが……まさに今これを発想すると、もっとストレートなものになるのかもしれません。

芝居は素人であれ、玄人であれ資金0円では出来ません。
専門にやっているワケじゃない人たちの集まりの場合でもかかるものはかかる。
プロが4000~10000円くらいのチケットを発行する現状です。
「趣味」だからといってそれを全て自己資金でまかなうのは実はあまり適っていない。
劇する行為は趣味でアレなんでアレ社会的行為になるので、舞台が起つ毎に観客という共犯者を求めている行為とでもいいますか……あまり言葉は良くないですね。
金額の多寡はあるにせよ集まったお客様からお代を頂戴し興行を成り立たせる努力をするものです。

さて、このtone!tone!tone!の「天才脚本家」という芝居。
舞台は手作り感一ぱいです。
多分、練習にもの凄く時間を掛けたであろう舞台転換。
いろいろサービスしているのに、それなのに、ここというところで押しきれない、ああ、もどかしい、というのも、ご愛敬(笑)な素人っぽさ。
でも、いいんです。
有名人は一人も出ない。むしろ近所に居そうなアンちゃんやネーちゃんが、でている……
既製の娯楽っぽいことなどほぼ何も与えてくれない。
あえて与えられるものがあるとすれば「ひっかかり」と「きっかけ」でしょうか。

くれぐれも間違えてはいけない。
観劇者は完璧な娯楽を期待してはいけない。
いわゆる様式美が求めるラインや定型、定石などからハズレてしまっている(そうはいっても一定の美意識のもと創り込まれている。)ことによって客席に座って舞台に同化することなくこの状態を考える事ができることは決して残念なことではないのです。
そして、この脚本を選び取り上演がしくまれ、その立会人、共犯者になれることの価値は大きい。
観劇とは一回性の中に見る思索思考の時間なのだ。
今のような総エンターテイメント時代だからこそ「演劇」は有効。

なにより、G2さんの慧眼が十数年を経た今でもとても新しく感じられるのが啓示的でもあり、フッと溜飲を下げるところでもあります。

[2015/10/03 11:35] | シバイ | page top
ちょっと朗読します。
以前より予定しておりました、拙劇団と金沢海みらい図書館のコラボ
企画的な朗読会「十人十色~不思議なお話を~」を開催します。

なんと、明日です。

無料ですしね。

こんな時期になんなんですが、どうぞお越し下さい。

十人十色

[2015/09/12 19:34] | シバイ | page top
夏休み子ども演劇合宿inこまつ2015
そういえばまさに今、福島の子供たちを招いて芝居をつくってます。

2015


福島と石川のこどもたち、1週間の合宿発表会「ステキチ少年の大冒険!」

今年はオリジナル戯曲です。

今年も、福島からこどもたちがやってきて、1週間の演劇合宿をおこないます。毎日の稽古の成果の発表会に、金沢市民芸術村ジュニアクラブのこどもたち、寺井町で三味線を習うこどもたちが参加し、交流の輪を広げます。

鶴来在住の劇作家・原力雄さんの描き下ろし脚本『ステキチ少年の大冒険!』。演出は劇団110SHOWの高田伸一さん。

江戸時代に加賀藩から相馬藩(福島県)へ真宗門徒たちが移民した史実をもとに、小松の勧進帳、民話の世界を盛り込んだ創作冒険活劇です。

福島の子どもたちと石川の子どもたちの1週間の交流合宿。江戸時代のつながりが、現代によみがえります。ぜひご覧ください!


とき:2015年8月22日(土)18時~(開場17時半)
ところ:勝光寺(小松市東町87 0761-22-0797)
入場無料(合宿へのおこころざしをお持ちください)

出演:ふくしまのこどもたち
   金沢市民芸術村ジュニアクラブ有志
   三味線を習うこどもたち
脚本:原力雄
演出:高田伸一(劇団110SHOW)
演技指導:高田里美(劇団110SHOW)
歌指導:松本進(若杉合唱の会 指揮者)
衣装:半田美佳( biora なになにaprtment )ほか
宣伝イラスト:念佛明要


☆合宿では、ボランティアや食材・衣装の布等の提供を募集しています。また、発表会の受付などのスタッフも募集します。
[2015/08/18 17:53] | シバイ | page top
お陰様でお芝居がおわりました。
110SHOW++/劇端会議Ⅲ110SHOW++PlaySeriesVersionは好評のうちに終了しました。
ありがとうございました!。

各方面の皆様には深く感謝いたします。
ありがとうございました。

予想を上回る御入場者数、溢るる賛辞の声に私どもも身の引きしまる思いです。

今後もますます精進を重ね、金沢の芝居文化がますます発展していきますよう、その一助となるべく邁進して参ります。

この度は誠にありがとうございました。

劇団110SHOW 高田伸一
[2015/06/29 08:33] | シバイ | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>