こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

教育勅語で洗脳して軍人勅諭で総仕上げ
バイコク洗脳機関として幼稚園→小学校までつくるという計画ですね。
そのために国有地の拠出は惜しまない。
誰が決めた?こんなコンセプト。
あっちこっちに構造改革特区つくって

田中龍作さま

田中龍作ジャーナル
【今治発・アベ友疑獄】加計キャンパス建設 元外務副大臣の親族会社が受注
http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015605



加計氏がもっともその恩恵に与っており
加計孝太郎氏の加計学園の今治。
加計美也子氏の順正学園グループの吉備国際大学

気になる×2ブログさま
加計学園、今治に続いて淡路島でも土地30億円無償譲渡!深まる安倍疑惑!
http://kininarux2.net/?p=386

今治の土地譲渡の件で話題になっているのは、

創業者の息子「加計孝太郎」です。

創業者の娘「加計美也子」は順正学園グループを取り仕切っています。

その他5の学校法人や関連企業から構成されています。

加計グループの中で、今回問題になりそうな学校は、

加計美也子がトップの順正学園グループの中の学校の一つに

「吉備国際大学」という総合大学の

南あわじ志知キャンパスが対象となっています。

このキャンパスにある学科は「地域創世農学科」です。

農業・農学を通じて地域を元気にしていこう!というような目的の

学科のようです。

まさか学生さんたちも、自分の通っている大学が

こんな問題に巻き込まれてしまうなって思ってもみなかったでしょうね。



<淡路島での無償譲渡までの経緯は?>

淡路島の南あわじ市のある高校が生徒の減少により廃校になっていました。
その廃校を民間に譲渡することになっていて、

当時南あわじ市出身の社長さんの会社が倉庫にして雇用を作り出す計画を市と話しを進めていたそうです。

ある日、突然トップダウンの決定で吉備国際大学のキャンパスになることが決定してしまったそうです。


今まで倉庫の計画をしていた会社は一方的に断られ、特に謝罪もなくそれっきりになってしまったのとのことです。

吉備国際大学へは、土地は無償譲渡され、施設整備費用の20億円のうち13億円を市が負担しました。

当時の南あわじ市の税収が60億円くらいだったそうです。

かなりの負担ですよね。

南あわじ市民肩の負担を考えると気の毒で仕方ありません。
こんなような経緯で南あわじ志知キャンパスができました!


これはどういうことですか?
理財局長!カモーン!

山本学園明愛保育園


週刊金曜日
東京でも「森友学園的」補助金疑惑 日本会議に所属する政治家親族の保育園
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=6714

(1)「公共目的」に使うという建前で幼稚園が国有地の払い下げを受ける、(2)その土地を幼稚園から保育園に貸し付ける、(3)保育園は杉並区に「賃借料」に対する補助金を申請する――といった複雑なやりかたで、計約4800万円(4759万2000円)の補助金が支払われていたのだ。

保育園用地に関する補助金は賃借が対象で購入の場合は認められない。制度を悪用した「値引き工作」である疑いは濃厚だ。


理財局長!カモーン!

LITERA

リテラ
安倍首相に“第二の森友学園”疑惑! 親友が経営、昭恵夫人が名誉園長の学校法人に特区指定、37億の土地がタダに
http://lite-ra.com/2017/03/post-2957.html





佐川おまえもか! このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析