こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……



この前に質問者がたしかにセメント屋と言ってはいる。
が、そこは横綱相撲をするべきで、大人の見せ所だと思うが、そこで気色ばむのが小人の証。
この件ではでんでんを登場させられない。
ビビっているのはアソーの方。



そうこうしているうちにHP上からアベアキエの挨拶文を削除!

情報速報ドットコム
【速報】森友学園の「瑞穂の國記念小學院」から安倍昭恵夫人の挨拶が削除される!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-15608.html


※今はHPのサーバがDownしています。
逃げ足は速い
だが!遅い!

この件は、取引の問題だけではない、他にもたくさんのツッコミどころがある

植草一秀さま

メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
第1675号 アベ友国有地払い下げ事案突破口は善管義務違反
http://foomii.com/00050/2017022318323137569

ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017022318323137569
EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-38169.epub
─────────────────
国有地が森友学園に激安価格で払い下げられた

「アベ友事案」

「アベ友事件」

に発展する日は遠くないと思われる。

<以下有料記事につき・・・>


このなかで植草氏は
「今問題になっているプロセスが法的に瑕疵がないということがまかり通ると、今後は、国有地を活用した「濡れ手で粟公金詐取」が一斉に広がることになる」という。

「一連の経過を見ると、すべてが巧妙に仕組まれた国有地激安取得のストーリーに沿って動いた疑いが浮上する。」と訝しんでいる。

植草氏は
「重要なことは、国有財産を管理する国の管理責任者が、国有地を売却する際に国に損失を与えないための、善良な管理者の注意義務=善管義務を負っているということ」
と指摘する。さらに
「地下埋設物処理費用を過大に見積もり、国有地を不当に低い価格で売り渡すことは、国、すなわち国民に損害を与える行為になる。これを回避する責任を国の管理責任者が負っているのである。」
とする。

「いま何よりも必要なことは、
○2015年に地下埋設物の撤去を行った事実の有無の確認および施工業者および施工金額の確認。
○2016年に地下埋設物の撤去を行った事実の確認および施工業者および施工金額の確認。
○2016年に当該国有地を売却するに際して、売り渡し価格から控除する地下埋設物撤去費用算出に際しての具体的プロセスおよび検討を行った関係書類等の確認である。」

と喝破する。

詳細は当該メルマガの内容をご覧いただきたい。

ここを突くのが大きい。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析