こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

通常のニュースのトップが交通事故やブレーキ/アクセル間違いによる運転過失の疑いのある事故のニュースからはいる。
これ、ホントに権力側にとって疎ましいニュースかといえばまったくそうではないのです。全ては真理省のおかげです。

戦争はもうこりごりなので報道が権力に対し監視の目を向けていたころ、政治、国際、経済とこういった部分が最優先され、日々の出来事は社会面にということになっていた。今はこれの真逆で、社会面的な出来事で埋めて政治的な報道は後回し。
表現に政治を持ち込むなと言ってみたり、これを表現者自身もしくは最前線の観客が口にするような雰囲気を醸してみたり。「技法」から入るアートスクール。その背景や世の中の問題意識のことは教えない。

低気温のエクスタシーbyはなゆーさま

低気温のエクスタシーbyはなゆー
【日本の見えざる危機】進化する愚民化政策「3S政策(さんエスせいさく)」
https://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2017/01/s.html



「リソースを割かなければいけなくなる」。
そのくらい面倒くさい攻撃を受けている。ではなにが攻撃を受けているのでしょう?
それは自由に代表される、空気のようにあって当たり前だと思っていた様々なもの……自分としては「人間性」だと思っています。
連中はイロケとチカラであくまで無邪気な顔で笑って隠して、蹂躙しにきている。

背景の華やかさ、特に色。
それは色を纏って楽しそう、というのが始末に負えない粘着性を持つ

BLOGOS
『たのしいプロパガンダ』と大衆扇動の正体
【読書感想】たのしいプロパガンダ
http://blogos.com/outline/143502/


正月のお見合い番組にもすーっと忍び込んでいました。恐ろしい。
こういう作りになるのは制作中のいくつかの思惑や噂、上司の顔色など、あらわれない要素が決断に及ぼす影響は無視できないだろうと思います。

【マスコミ最大のタブー】電通というブラック企業をより詳しく知りたい人へ
http://useful-info.com/showing-how-to-know-dentsu-in-detail


お正月という節目を通ったので、深く静かに潜行すると思います。
なにも変わっていないと思います。
より(クライアントのためにという意味で)独善的に、より(大衆誘導という意味で)反社会的に先鋭化するでしょう。
ちなみにお正月やお盆という慣習を単なる消費連休に変えようと画策してきたのは真理省のようですし。

低気温のエクスタシーbyはなゆーさま

低気温のエクスタシーbyはなゆー
ラジオ福島が「久米宏ラジオなんですけど」の放送を打ち切っていた
https://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2017/01/blog-post_4.html



これからは報道しないマスメディアに対してSNSが主流になるというある意味でのスラップですね。

健康になるためのブログさま

健康になるためのブログ
【マスメディア死亡確定!】トランプ次期大統領は国政に関する発表をツイッター・フェイスブックなどで行うとのこと!
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/25598


「切り札」氏。切ってきますね。

娯楽の時間、娯楽の紙面に隠されている肝心なこと。

★阿修羅♪ > 原発・フッ素47 > 230.html
福島第一汚染水(1月1週)―外洋からトリチウム―(めげ猫「タマ」の日記)
http://www.asyura2.com/16/genpatu47/msg/230.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 02 日

   
忘れてるでしょう?。

LITERA

リテラ
天皇が「主権回復の日」に「沖縄の主権は回復されてない」と異議を唱えていた! 安倍政権に奪われる天皇の発言機会
http://lite-ra.com/2017/01/post-2820.html


悪辣。逆賊。アベら。

半歩前へⅡさま

半歩前へⅡ
屋上屋を重ねる「どアホノミクス」その1
http://79516147.at.webry.info/201701/article_24.html

屋上屋を重ねる「どアホノミクス」その2
http://79516147.at.webry.info/201701/article_23.html

屋上屋を重ねる「どアホノミクス」その3
http://79516147.at.webry.info/201701/article_22.html


このうちの「その3」が一番重要。よく読んでみると良いと思います。

▼屋上屋を重ねる「どアホノミクス」その3(改行は拙ブログ主)
浜  リーマンショックの後、ハーバード大学などは反省して、
   経営倫理をしっかり学んでもらう必要があると言い出しました。

   しかし日本では、いまだに大学や高校での文系不要論がまかり
   通り、権力側は、さらにテクニックばかりを教える方向に持って
   いこうとしています。

   この傾向が進めば進むほど、技術は知っているけれど
   頭のなかは空っぽという人が増えていく。

   実はそれは国家権力が「望むところ」です。
   今の経団連の役員クラスに名を連ねている
   経営幹部たちにも、理念や倫理から発言する人が
   もういなくなってしまった。

佐高 日銀は、小手先のテクニカルなことばかりやろう
   としている。
   それが日本経済を殺すようなとてつもない結果を
   もたらす策であるわけですが、
   安倍総理がそのテクニカルなことの本当の意味が
   わかっているのかというと、まるでわかっていない。

浜  知的貧困が加速度的に進み、そこに悪い奴らが
   つけ込んでくる。
   知的貧困のどこにどうつけ込めばいいかという
   ことへの嗅覚を持っている人たちが、
   「三本の矢」などと言い出すわけです。

   安倍政権は男性の支持、特に10代、20代の
   男子の支持が強い。
   それは彼らがいちばん自信をなくしていて、
   いちばん方向感を失っていて、
   いちばん不安感で一杯な層だからだと
   思うのです。

   そういう不安でいっぱいの男子たちが、「強い日本を
   取り戻す」などと威勢のいいことを言われると、
   強さと力を掲げるメッセージに酔いしれてしまう。

佐高 アホノミクスは富国強兵の「国」を「会社」に変えましたが、
   しかし人々に尽くさせるスタイルは変わっていません。
   ただ反面、人々のほうでも忠誠の対象を求めている
   ようにも感じます。

浜  安倍総理は大日本帝国会社の総帥になった気分で
   いるでしょう。しかし、このまま現実から目をそらし
   続けていると、日本全体が、近い将来とんでもない
   落とし穴にはまってしまうでしょう。



アベらは国家であろうがなんであろうが「株式会社」と捉え「経営者」と「社員」「消費者」「株主配当」「支配の固定化」という目線でみている。
これからは「国家」は人々から税金を取る手段として、人々を法律で縛り使役する手段として使い、実質は株式会社として経営者がより儲けるためのものになるのでしょう。

過去を改竄し、忘れさせる。

「1984」の世界観に近い。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析