こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

上杉隆の続・週刊リテラシー#8


世界の潮流は「ブロック経済」であり「企業優先」であることをまず最優先するという内容です。
FTAはまずいので、TPPでいこう。
ということだったのでTPPの方がよかった。
いま、トランプにかわるとFTAでより酷い目に遭うかも・・・
こういう見方です。

なるほどという感じは受けます。
というのは下卑たアベ礼賛一辺倒ではないからです。
むしろアベのやる事をディスりながら、アベらのやっていることを補強している感はあります。

これを見ていると「なら、そう言えばよかったのに、最初から」と思ってしまいます。
この人達、マスコミにいる時から、これを言ったところで何の問題もなかったと思います。

繰り返しになりますが、アメリカの大統領がかわった。
政権交代が起きた、書き割りがかわった。

ということ

その書き割りが変わったということの「理解が甘く(いや逆に深すぎて?)」利用されてしまうアベと外務官僚の動きが皮肉を伴ってよく透けて見えました。

つまりこうやって潮流がかわる(かえる)のだということのダイナミズムが理解できましたし、それを本質的に見誤っている外務官僚。
このことはよく理解できました。

でも、TPPやFTAが語られるようになった背景は、もっと根本的な問題で、いってみれば「もう革命は起きていた」ということですね。
その革命は1%の連中によっておきるのですね。
法治国家はしなやかに転覆させられ、企業が法律の頂点にたつようになっているということ。

これはかつて教科書で習った資本主義の項の「資本家」が力を持つようになった時代の話にみえます。


勝ち馬に乗り、いち早くいいポジションどりをするのか

憲法に書かれているとおり「主権在民」の「民」の本質=「国民」が優先されるものに立ち返る方法を考えるのか?





このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

04月 « 2017年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析