こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

いいセリフだ。恫喝の場面としてはリアリティがあり悪くない。


A「私に対して拍手をせよと私が思っていたというのは、これはまさに…

B「思っていたとは言っていない。」

A「いや、思っていたということをほとんどおっしゃっているじゃないですか。」

A「つまり、自民党自体が私に対する拍手をしているんだという表現はされましたよね。」

A「それはあまりに、最初に言っていた批判だけに明け暮れないという言葉とは全然違うんじゃないですか。」

A「自民党議員が私に対する拍手だと言っていたんだったら別ですよ。」

A「私自体がはっきり警察や海保や自衛隊の諸君に対して敬意を表そうではありませんかと明確に言っていて、その日本語を当然理解をしているわけですから、それに対して、拍手しているのを、まるで首相に対して拍手しているという言い方は、あまりにもこじつけによる批判ではないか。」

A「批判のため、うがった見方ではないかとこう思うわけでありますし、かつ、私は許せないと思うのは、そのとき、どこかの国と同じではないかと。」

A「どの国なんですか。」

A「いや、これはあまりにも侮辱ではないかと思います。」

A「それはまさに、どこかの国と同じではないかというのは、どこなんでしょうかね。」

A「それはね、ただ単に侮辱に明け暮れているとしか私は思えないわけではあります。」

A「そういうことははっきりと申し上げたい。」

A「建設的な例えば、補正予算案の建設的な議論するというのであれば議論をしようじゃないですか。」

A「勝手に自民党議員がそう思っていないにも関わらず、まるでそう思っているかのごとくの批判はお互いにやめようではないかということを私は申し上げたい。」

A「大切なことです。」

A「まさにわが党に対する侮辱を、まずわが党に対する侮辱を細野さんがされたから、私はそう申し上げているわけでありまして、これは、理事が抗議をするようなことではありませんね。」

A「むしろ当然本来であれば、こちらの理事が抗議したいと思うぐらいのことではないかと思います。」

A「いずれにせよ、われわれも謙虚にこの理事の運営については当たっていくのは当然のことと思っております」。




こういう場合制止するか、Aの発言時間は時計を止めるなどの然るべき処置をお願いしたいですね。


健康になるためのブログさま

健康になるためのブログ
【この顔】安倍首相「(起立と拍手)私が促したわけではない」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/22724



・・・議長、この際「退場」でいいと思います。

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析