こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

身の毛もよだつ狂気を感じる。

首相、高市氏発言を追認 「政権こそ言論の自由を尊重」:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ2B4JMWJ2BUTFK00R.html

安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合に電波停止を命じる可能性に触れた高市早苗総務相について「法令について従来通りの一般論を答えた」と述べ、答弁を追認した。

高市総務相の停波発言に波紋 与党にも慎重対応求める声

首相は高市氏への批判にも反論し、「何か政府や我が党が、高圧的に言論を弾圧しようとしているイメージを印象づけようとしているが全くの間違いだ。安倍政権こそ、与党こそ言論の自由を大切にしている」と主張。安全保障法制をめぐる批判を念頭に、「恣意(しい)的に気にくわない番組に適用するというイメージを広げるのは、『徴兵制が始まる』とか『戦争法案』と同じ手法だ」と述べた。

 これに先立ち、民主党の大串博志氏は「安倍政権になって番組に口を挟もうとする態度が非常に多い」として、首相が2014年11月の衆院選前にTBS番組の「ニュース23」に出演中、街頭インタビューを「全然、声反映されていません。おかしいじゃないですか」と批判したことも取り上げた。

 首相は「首相の立場を使ってニュース23に圧力をかけたのではない。出演者として司会者と議論した」と答弁。その上で「選挙が近い中で、恣意的な攻撃を排除しなければいけない。私の意見、編集の仕方はどうですかということを一言も言ってはいけないというほうがおかしい。その場で反論すればいい」と述べた。



極めて危険です。
鸚鵡返しのアベコベ・ディベートで乗り切ってきた裸の王様の本音は、問題になっている発言に続く「「恣意(しい)的に気にくわない番組に適用するというイメージを広げるのは、『徴兵制が始まる』とか『戦争法案』と同じ手法だ」」の方に危険性が如実に表れている。
この一文、権力を全て持っている者を追求する側の云うべきセリフ。
つまり実質は既得権を全て持っている権力者側にいるのに、既得権に挑戦しているヒーローのごとく己の立場を粉飾している。
「仮面ライダー」か「男一匹ガキ大将の戸川万吉」のようなものに変身し放つ「俺様の言論の自由が大切」という本音。
既製のルールをぶち壊すのは俺だという陶酔、快感。いままで受け続けた私怨を今ここで晴らすと言う勢い。

株価暴落で、この国の資産を毎週兆単位で毀損している事態に陥っているのに、「国民の口、目、耳をふさげばいいのだ」とばかりに己の大失敗の責任から目を逸らすことを旨とする屁理屈を振りかざす権力者。

全て己の都合のいいように解釈し、心の中は無謬性の彼方で遊泳しているのでしょう。

追随者は同じ夢を見ているのか、面従腹背、泳がせて楽しんでいるのか・・・



ここでこの政権を止めなければ、もう止まりません。
アベはやめろ!

Everyone says I love you !さま

Everyone says I love you !
安倍首相「安倍政権こそ、与党こそ言論の自由を大事にしている!」。国民「自分たちの自由はな!」。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/4e837c369c740c8ea984b6a96f7465c4



「報道や言論の自由」を権力者の横暴から守るための法を、己の立場を倒錯させて解釈(?)すれば使えるようになる?という質の悪い詭弁です。




日本国憲法第21条 wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC21%E6%9D%A1

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析