こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

メモ
「衝撃を相殺する記事のネタを発掘せよ」と定めていたというのは重要な記述ですね。

大型事故で「関心分散を」韓国危機対応、批判で削除
2014.4.25 18:25 [韓国]産経
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140425/kor14042518250012-n1.htm
 韓国海洋水産省が昨年作成した船舶事故時の危機管理マニュアルで、大型事故が起きた際に世論の関心を分散させるため「衝撃を相殺する記事のネタを発掘せよ」と定めていたことが25日、分かった。韓国日報によると、旅客船沈没事故の政府対応に絡めて批判が出て同省は24日、この部分をマニュアルから削除した。

 同省は、船舶事故で発生する油漏れなどがメディアで過度に報じられた場合に、国民の海産物消費が減るなど、望ましくない結果が生じることを想定したものだと釈明している。沈没事故をめぐっては政府の救助の遅れや度重なる発表訂正が批判されている。

 韓国のネット上などでは、国防省が最近、北朝鮮の核実験の兆候について説明しているのは、政府の事故対応への批判から目をそらせるためではないかとの疑念も出ていた。国防省報道官は25日の記者会見でこうした見方を否定した。(共同)


これ、そのまんま、どこかの国のことにあてはまる・・・

植草一秀様のご指摘

植草一秀の『知られざる真実』
堕落御用メディア報道に頼ると馬鹿になる
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-3bfb.html



かといって、ネットがいいかというと、必ずしもそういうわけではない。

自分は芝居をやっているので、どちらかというと娯楽系、広告系なのですが、それでも、どこか独立していたいを思っています。その独立を得るためにこそ、連携が必要であるとも思っています。
芝居は社会情勢と疎遠なようでいてどこか密接に結びついているとも思っています。
清濁併せのむ感覚・・・

しかし用心召されよ
いうこととやることがアベコベなものをいただくこの国ですから。 このページのトップへ


低気温のエクスタシーbyはなゆー様

低気温のエクスタシーbyはなゆー
【重大証言】来日中のキエフの小児科医「原発事故のその年から小児甲状腺癌が急増した」
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2014/04/blog-post_2877.html

このページのトップへ

北國・富山新聞ホームページ - 石川のニュース【4月4日02時06分更新】
運転手の過失、立証難航 小矢部SAバス事故から1カ月
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20140404101.htm
ある捜査関係者は「約1キロ手前で既に病死か仮死状態だっ た可能性が大きい。居眠りは考えにくい」との見方を示す。


記事では保障問題に舵を切っていますが、そもそもの問題、その病気はなんであったかということと、なぜ病死か仮死状態におちいったかということに踏み込まない。
「事実のみを伝える」というのにはレトリックがあって、「事実のみ」を伝えられても受け取った方の人間に想像力が無いと真に迫ることはできない。そこにかき手が少し方向を変えた文章を添えるだけで、その記事の目指す方向が変わる。
先日の某大手製薬メーカーの社長の新任のコメントを載せた経済紙面の記事があったが、これなどいわゆるベタ記事なのだが、その後ろに流れている「なぜ」を感じない限り、それはベタなまま、日々の生活の中で流され消えて無くなってしまう。
産廃受け入れ基準を全国レベルに引き上げる話を進めている我が市の市長。ビッグネームにへつらって「特例」として条例違反に踏み込むあたりも、この土地の首長の特性が表れている。
ゼネコンからのカネの差配で首長が決まるこの土地の面目躍如たる所以か。実にこまったものである。


さて、こうなってくるとねぇ、正攻法と地下に潜るのと・・・考えながらいかないとね。 このページのトップへ

Information

Search

Calendar

03月 « 2014年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析