少し振り返ってみる③・劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」
「アフタートーク」のゲストはできるだけ普段演劇とはちょっとだけ距離のある人を中心にお願いをしてみました。
今の今まで主役としてその座にいて、あるときはしゃべり、ある時は名前がつけられ、あるときは故障したことにさせられ……。飲料が購入される「現実」を舞台上から演技し続けていた「自動販売機」。芝居が終わった後お客様にはその自動販売機から実際に100円で飲料を買ってもらって、それを飲みながら。
いつの会でしたかねぇ、行列ができたのが、もうなんとも面白くて。

できるだけゲストっぽくない感じでお話しいただけるように心がけました。(っていうか私がMCするとだいたいあんな感じになってしまう(^_^;)) 昔、富山チューリップテレビでお世話になった番組「土曜はパヤパヤ」。その影響の下で石川テレビさんでやらせてもらった番組「テレビ戦国時代 押し入れ大名」を思い出しましたね。当時の制作会社さんには相当無理してもらったと思いますが「遊び心」一発で押していた番組でしたねぇ。あんな感じを思い出しました。
いやぁ皆さん、おしゃべりができるっていうか、おしゃべりが面白い。

なんと言っても驚いたのは、芸能・芸術は最終的にお客様のものになるということを、今一度確認できたことでしょうかねぇ。当然「演劇らしい演劇」を期待しているお客様も相当数いらっしゃるに違いありませんが、「演劇っぽくない演劇」に、ものすごく想像力を働かせているお客様もいらっしゃる。その心にひっかかった様子をごく一部ですが引き出せたかな?って思ったとき……シビレましたねぇ(笑)。

今週末2月3日(日)17時~の野々市フォルテの公演でも「アフタートーク」はやります。ちゃんと許可をとって、舞台上の黒いカーペット上なら飲料を飲んでもいいということにして「劇端会議」を開こうと思います。お時間が許せば是非ご参加下さい(笑)。

また、野々市市文化会館フォルテ公演の最初に、昨年泉鏡花記念金沢戯曲大賞上演作品「囮」でお世話になった、中空よおいさんの作品「これは夢の話」をもってきます。この作品では「通りすがりの人」という物言わぬ人が設定されています。どなたでも参加できます。っていうか募集しています。大ホール上の特設ステージに「通りすがる時」あなたは「観る人」から「観られる人」になり、そして何事もなかったように「観る人」に帰って行く。その感覚を、その凝縮された数分を楽しんで欲しいのです。「界面」の境界が曖昧になり、超える楽しみを感じて欲しいのです。

開演前2月3日の……そうですね、15時から16時くらいに野々市フォルテにお越しいただいて、「通りすがってみたいんですが……」と申し出ていただければ、ちょっとした打ち合わせの後、即本番です。

えへへ。面白いと思いますよ。
[2013/01/31 17:39] | シバイ | page top
少し振り返ってみる②・劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」
「コレクション」としたのは、自販機と椅子くらいしかない空間をどう見るか、どんな風に見えるか?という「遊び心」を集めたものの陳列棚としてそうしました。

ですから今週末2月3日(日)17時~の野々市フォルテの公演で、もし「これはなんだろう?」と思われたものがありましたら、是非、お手にとってみていただきたいのです(笑)。

これは「伸びるか?」「いけるかも?」という作品や作家、俳優の佇まいにその勘が働きましたら、まずは是非拍手を贈ってあげて欲しいのです。そして少しでいいので、その今後を気にかけてあげてほしいのです。

で、もし仮にあなたがクリエイターやディレクター、プロデューサーだったとしたら、その陳列棚の収蔵物に声をかけ、磨きをかけ、伸ばしてあげて欲しいのです。
「ちょっとこんな切り口で書いてみませんか?」「こんな本があるけどやってみない?」
「この作品60分で書ける?」という感じで……。
それはちょうどお料理の食材を市場に買い出しに来ている感じ、自作パソコンのパーツを集めに来ている感じであったり、いくつかのお洋服の店をまわって自分だけのセレクトを探している感じでしょうか。でも、この話の流れじゃ思いっきりショウビジネスですね(笑)。 じゃ、ビジネスじゃなくて、ショウでもなく、パフォーミング・リクリエーションじゃどうかなぁ。 普段の人生は人生であって、こういった「オトナの遊び」を真剣に企てることで、人生をみなおしてみる。
その後できあがるモノを通して、できればそれが金沢の人に気付きをもたらすものであったら素敵ですし、そんなヒダをもっている金沢の人に愛されるものであって欲しい。

初日に(ある金沢の演劇界の重鎮と)話していたんですが……たとえば10本のうちの1本だけをどこかの会社の自販機前スペースを借りて、数人~20人くらいの、その事業所にお勤めの人を中心に上演する「20分劇場」をやる、とか。 マジで面白いと思うんですけどねぇ。 普段の会社が病院に見えたり、普段の病院が公園に化けたり、免震重要棟に見えたり……。 マスメディアがいつかのように狂奔し出している今だからこそ、想像力をと思うんですよね。 なんだか現代の瞽女みたいにも見えますね。 どこかやらせてくれる事業所があれば「劇端会議」に是非メッセージくださーい!。なんて(笑)



ところで、昨日書いた「自動的に事が運ぶ様子」は、なにかに似ていると思ったら、そう、昔のお葬式の様子に似ていますねぇ。 今のようなものではなく30年から40年ほど昔の。 あの伊丹十三監督の「お葬式」の様子。 アレな感じがすることに、今気がつきました。
[2013/01/30 12:18] | シバイ | page top
少し振り返ってみる①・劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」
少し振り返ってみる①・劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」


皆さんの熱意と創意工夫のおかげで、劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」は金沢市民芸術村ドラマ工房での日程を終えることができました。

日程的には5分の4が過ぎました。
残り一日、野々市市文化会館フォルテでの2月3日(日)17時からを残すのみです。
まだ「祭」の途中ですが、軽く一言二言申し述べます……。

まず携わった皆さんのモチベーションの高さには目を見張るものがあります。もうホントにやる気にさせられるのです、こっちが(笑)。

あと、芝居づくりそのものもそうですが、運営もホントに自動で(笑)……冗談ではなく自動的に持ち場が決められ……多分、初めてその現場に立ち会った初心者の人も、ベテランや経験者から自動的に指示が伝わり、また勘の鋭い人はそれを感じ取って、そうでない人もそれなりに、それこそあっという間に皆その役割を全うしているのです。

これはやはりこの街には芝居をやるノウハウをもった人が育っている証拠であり、そういうノウハウ(無形文化財)が生き残り、根付いている証拠であり、その意味に於いて当初、金沢市民芸術村が謳っていた理念、また古くは演団連の合同公演、現かなざわ演劇人協会各種演劇祭などの運営上培ってきたノウハウの継承、すなわち歴史の積み上げがあったればこその現象ではないかと類推し、また、実感しています。

演劇というのは、まさに総合芸術(最近の教育機関の文化部活動分野では、なぜか日陰に追いやられているのですが)としてあらゆるものを内包できる文化の王道です。とはいえ「総合」と名がつくものはだいたい、まぁいろいろと面倒くさいものです。 ましてや仕事をし、子どもを育てながら、親の面倒を見ながら、そのうえに芝居を続ける、観るなどということは「超面倒」でしょう。 でも、私はそういう「人生の繁忙期」にいて「言葉では表せない釈然としないなにか」をかかえているとき、そんなときにこそ「演劇」を使ってほしいと思っていますし、近隣の市民が組織する芝居は意外に「使える」と思っています。

特に金沢のような人口規模の地方都市に於いてのそれは、中央のショウビジネス的なものはほとんどなく(ショウビジネスが地方都市にフィットするかどうかは置いておいて……: 例えは少しズレますが、今はフィルムコミッションなどが中央のプロダクションと結んで映画やドラマ、アニメを展開するモデルができあがっていますね)メディアにしても北陸で独自にテレビドラマが制作されたためしなど(あるにはあるけど)、ほとんど見受けられない。……ハード、ソフト両面に渡って膨大な問題と時間を乗り越え続ける覚悟と体力、財力がいる。だから「フィクション」を作り出して「世に問う」「世に出す」という発想すら地方都市では起きない。ある意味途方もなくそれは「遠いもの」になっています。

でも、ちょっと「板」の上の工夫をすれば、生活をしながら、自分の時間を持ちながら一年うちのある時期だけぎゅっとそういう「フィクション」の時間を持つという「冒険」「楽しみ」を持つことはできる。 また、その「板」にのっている「虚構」を観て楽しむコツを知れば、人生における「一息のいれ方」をもう一つ得ることになる。

とんでもない時代に入ってしまった今だからこそ、「板」の上のことを楽しむ意味が出てきていると思います。



ドラマ工房でのアフタートーク(まさに劇端会議!)の時の、ある重鎮の「芝居はみるものじゃなくてやるものだな……以上!」という言葉が重金属のように重く響きました。その重鎮は劇団べれゑ!そう「べれゑ」といえば金沢の学生演劇の草分け!金美大のべれゑ! うれしかったねぇ。
学生達よせめて金沢に居る間、忙しくなる前の2年くらいだけでも劇端会議にふれて「市民俳優」になってみたらどうだろう。

さぁ!蘇るが良い!市民俳優達よ!文字通り「板」の上を通りすがるのだ!
市民俳優がその姿を曝すとき、心は動くだろうか!
そして観客よ!情報社会から一時でも切り離れ、劇場に逃げ込め!
そして刮目してみよ!そして注意を怠るな、探索せよぉぉぉ!



って感じに留めておかないと、ここんとこ血圧が上がってしんどいんだよね(笑)
[2013/01/29 14:01] | シバイ | page top
金沢市民芸術村ドラマ工房千秋楽。そして野々市フォルテへ
一期一会の、劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」もドラマ工房の千秋楽を迎えます。

(Facebookで「劇端会議」で検索 ブログも「劇端会議」で検索で)

金沢は相変わらず寒いですが昨日よりは緩むでしょうし、なんといっても昼公演です。その分、幾分過ごしやすいかと思います。ご用とお急ぎのない方はどうぞお誘い合わせの上お越しください。

このあと来週2月3日に「野々市市文化会館フォルテ」に巡演します。

本日の番組はこれ ↓ (今日しか観られない1、3、4)

1月27日(日)13時~

1.「視界ゼロ」作:原力雄 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、日向弘幸、原力雄、中川誠、AZMAX

2.「自己販売機」作・演出:南忠紀(劇団nono)
出演:吉村恵子、吉村楓、美喜、西村優太朗

3.「自動販売機・事件ですよ!」作:阿寒弁 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、AZMAX、阿蘇小百合

4.「角度」作・演出:新津孝太(coffeeジョキャニーニャ)
出演: 佐々木具視 仁野芙海(フリー) 岡崎裕亮 中山優子

5.「自販機」作:高田里美 演出:高田伸一
出演:ニシヤスコ、西尾実奈、アカンベン、里美麗、カジャ

硬軟取り合わせた不思議な時間になっております。フッと燃え上がり、淡雪のようにとけてなくなる時間を、どうぞお心のままにお楽しみください。

----------------------------

そして、野々市市文化会館フォルテに巡演する番組です。

「これは夢の話」 作:中空よおい 演出:高田伸一
出演:中川誠、上山和宏

「自販機」作:高田里美 演出:高田伸一
出演:ニシヤスコ、西尾実奈、アカンベン、里美麗、カジャ

「Vending Machine」作:田向萌(金沢商業高校演劇部)演出:高田伸一
出演: AZMAX、北川莉子

「ココアがさめても」作:演出:井口時次郎(劇団ドリームチョップ)
出演:松村来夢、長山裕紀、渡辺純也

「角度(ドラマリーディング)」作・演出:新津孝太(coffeeジョキャニーニャ)出演:仁野芙海(フリー) 岡崎裕亮 中山優子 高田伸一

「自己販売機」作・演出:南忠紀(劇団nono)
出演:吉村恵子、吉村楓、美喜、西村優太朗

----------------------------

こんな感じになりました。
野々市に拠点のある「劇団nono」「劇団ドリームチョップ」を中心に6作品が集まりました。

野々市フォルテ版「自動販売機」は「coffeeジョキャニーニャ with 110SHOW 高田伸一」的な「角度(ドラマリーディング)」の特別プレゼント付きになります。

まずは、皆様、お気に召しましたら、いいねボタンで御吹聴のほど、よろしくお願い申し上げます。

そして「これは夢の話」は、まさに蘇る「通りすがりの人」なのです(笑)。
フォルテの舞台に通りすがってみたい方もあわせて大募集いたします。 詳しいことはまたあとで。
[2013/01/27 09:33] | シバイ | page top
第2週はじまる
雪がたいへんですが、劇端会議は開場しました。
どうかお足元にお気をつけてお越しください。

外の風の音が聞こえるドラマ工房です。寒いので充分に防寒の上お越しください。

西尾さんや松村さんの指示の下、先週出演終了した松田さん、LAVITさん、吉村さん、上山さん、長山さん、明日出番のジョキャニーニャのみなさんなど総出でお客様をお迎えしております。これが、ほぼ自動的に……つまり、金沢の市民俳優の潜在的スキルとモチベーションは充分な高さをもっているということの証なのだと思います。
これがより広がりを持ち伝わるのがまずは望みですね。

必要にして充分なスキルを持った市民演劇人が隣に住む人を楽しませるために、あるいはふと考えたことを共有するために「芝居」を使い、おしゃべりをし生活を送れる街というのがとても素敵だと思うのです。

さて、少しアゲていきますわ、「前説」は私のしごとなんで
[2013/01/26 18:49] | シバイ | page top
劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」3日目
練りあがってきましたね。第2週の作品群。

<3日目>ラインナップはこれ!
----------------------------

劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」
1月26日(土)19時~

1.「視界ゼロ」作:原力雄 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、日向弘幸、原力雄、中川誠、AZMAX

2.「自己販売機」作・演出:南忠紀(劇団nono)
出演:吉村恵子、吉村楓、美喜、西村優太朗

3.「自動販売機・事件ですよ!」作:阿寒弁 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、AZMAX、阿蘇小百合

4.「自販機」作:高田里美 演出:高田伸一
出演:ニシヤスコ、西尾実奈、アカンベン、里美麗、カジャ

5.「Vending Machine」作:田向萌(金沢商業高校演劇部) 演出:高田伸一
出演: AZMAX、北川莉子

----------------------------

AZMAX独り会といっても良い内容です。
去年の芝居では唯一「しゃべらない男」だった男がセリフを得て八面六臂の大活躍です。

アフタートークゲストがまた豪華でね。楽しくお話ししましょう。
[2013/01/25 00:00] | シバイ | page top
劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」初日
どうぞお越しください。どの日も一期一会、組み合わせは一度きりです。 実は昨日のゲネをやるまでは、お互いわからない事だらけだったのに、段取りを決め、それなりに了解すると、40人くらいの人間がみるみるうちに「連動」しだす。モチベーションが高い証拠。
スキルはね、一緒にやって、お互い様で、感じあえばいいのさ。
さぁ、ちょっと面白いことをしよう!

今日はこんな番組

劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」

場所:金沢市民芸術村ドラマ工房

初日:1月19日(土)19時~

1.「これは夢の話」 作:中空よおい 演出:高田伸一
出演:中川誠、上山和宏

2.「おみそ」作・演出:松田朋徳(劇甘納豆団)
出演: 北出一幸、岡野香代子、岡野桜雪

3.「Vending Machine」作:田向萌(金沢商業高校演劇部) 演出:高田伸一
出演: AZMAX、北川莉子

4.「ココアがさめても」作:演出:井口時次郎(劇団ドリームチョップ)
出演:松村来夢、長山裕紀、渡辺純也

5.「理想の恋人始めました」 作:小川功治朗 演出:高田伸一
出演:吉村圭子、LAVIT


えへへへっ……て思っちゃう。
[2013/01/19 08:44] | シバイ | page top
劇端会議・演劇コレクション「自動販売機」
昨年11月の泉鏡花記念金沢戯曲大賞上演作品「囮」公演終了後、一挙に実現に向けて動かし出した企画です。
いろんな宿題が積み残されたまま進んできましたが、ようやく小屋入りを果たしました。
皆様のおかげです。ありがとうございます。

劇端会議ブログ
http://gekibata.blog.fc2.com/

劇端会議フェイスブック
Facebook:https://www.facebook.com/events/417964014941751/


金沢市民芸術村ドラマ工房については完全予約です。

当日現金と引き替えになります。
希望の日付とお名前と枚数(←複数人でのお越しなら代表者のお名前と枚数)をお知らせください。(メールに返信で結構です)

※なお、フォルテ公演に関しては「予約の他」「フォルテ」で実券も販売しています。


場所は「金沢市民芸術村ドラマ工房」
日時は
①1月19日(土)19時スタート
②1月20日(日)13時スタート
③1月26日(土)19時スタート
④1月27日(日)13時スタート
(開場は各30分前)
(終演後、舞台上の自販機で飲料を買ってアフタートーク有り)

その後2月3日(日)に野々市文化会館フォルテ大ホール
<特設>ステージONステージにて巡回します(フォルテ・ラインナップは後日発表)
ふらいやー

①初日:1月19日(土)19時~

1.「これは夢の話」 作:中空よおい 演出:高田伸一
出演:中川誠、上山和宏

2.「おみそ」作・演出:松田朋徳(劇甘納豆団)
出演: 北出一幸、岡野香代子、岡野桜雪

3.「Vending Machine」作:田向萌(金沢商業高校演劇部) 演出:高田伸一
出演: AZMAX、北川莉子

4.「ココアがさめても」作:演出:井口時次郎(劇団ドリームチョップ)
出演:松村来夢、長山裕紀、渡辺純也

5.「理想の恋人始めました」 作:小川功治朗 演出:高田伸一
出演:吉村圭子、LAVIT



②二日目:1月20日(日)13時~

1.「これは夢の話」 作:中空よおい 演出:高田伸一
出演:中川誠、上山和宏

2.「おみそ」作・演出:松田朋徳(劇甘納豆団)
出演: 北出一幸、岡野香代子、岡野桜雪

3.「ココアがさめても」作:演出:井口時次郎(劇団ドリームチョップ)
出演:松村来夢、長山裕紀、渡辺純也

4.「角度」作・演出:新津孝太(coffeeジョキャニーニャ)
出演: 佐々木具視 仁野芙海(フリー) 岡崎裕亮 中山優子

5.「理想の恋人始めました」 作:小川功治朗 演出:高田伸一
出演:吉村圭子、LAVIT



③三日目:1月26日(土)19時~

1.「視界ゼロ」作:原力雄 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、日向弘幸、原力雄、中川誠、AZMAX

2.「自己販売機」作・演出:南忠紀(劇団nono)
出演:吉村恵子、吉村楓、美喜、西村優太朗

3.「自動販売機・事件ですよ!」作:阿寒弁 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、AZMAX、阿蘇小百合

4.「自販機」作:高田里美 演出:高田伸一
出演:ニシヤスコ、西尾実奈、アカンベン、里美麗、カジャ

5.「Vending Machine」作:田向萌(金沢商業高校演劇部) 演出:高田伸一
出演: AZMAX、北川莉子



④四日目:ドラマ工房千秋楽:1月27日(日)13時~

1.「視界ゼロ」作:原力雄 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、日向弘幸、原力雄、中川誠、AZMAX

2.「自己販売機」作・演出:南忠紀(劇団nono)
出演:吉村恵子、吉村楓、美喜、西村優太朗

3.「自動販売機・事件ですよ!」作:阿寒弁 演出:高田伸一
出演:久村秀夫、AZMAX、阿蘇小百合

4.「角度」作・演出:新津孝太(coffeeジョキャニーニャ)
出演: 佐々木具視 仁野芙海(フリー) 岡崎裕亮 中山優子

5.「自販機」作:高田里美 演出:高田伸一
出演:ニシヤスコ、西尾実奈、アカンベン、里美麗、カジャ




野々市市文化会館フォルテ公演・2月3日(日)

「自己販売機」作・演出:南忠紀(劇団nono)
出演:吉村恵子、吉村楓、美喜、西村優太朗

「ココアがさめても」作:演出:井口時次郎(劇団ドリームチョップ)
出演:松村来夢、長山裕紀、渡辺純也

&MORE……

[2013/01/15 13:51] | シバイ | page top
| ホーム |