こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

自然写真家の丹葉暁弥さん言葉


丹葉暁弥さんのブログ
http://akiya.blog.so-net.ne.jp/


ツイッター編集

@marimoriko オーストラリアのアボリジニもそうですし、カナダの先住民族、日本のアイヌ民族も...。動物だけでなく、人間もそうでしたね... 未だにそうした殺戮は中国でも行われているのも事実ですし...

------------------------------

@marbomitsu まったく、くだらないことばかりに税金使ってないで、使いどころを考えて欲しいデスよね。あと、お役所は何をするにも判子と伺い...もっと臨機応変にしてほしいです。

------------------------------

そうですよねえ...クマも人間も傷つく前に何とかして欲しいものですよねえ... RT @hanako0911a1107:@AkiyaTamba 日本の場合、どうしても後手後手に回っている感がありますよね。

------------------------------

日本のようにクマが街に入ってきて人に危害を加える前に、人間もクマも傷つけないような対策をするべきと思う。カナダの巨大なねずみ取りは、ドラム缶を改造したようなものであり、日本でも有効と思うのだが...

------------------------------

日本のクマへの対策として有効と思われる手段の一つとして、カナダのシロクマたちが集まる近くの街の周辺数カ所には、巨大なねずみ取りのような罠が仕掛けてあって、人間と接触する前にシロクマを傷つける事無く捕獲するようにしている。

------------------------------

@marimoriko このままの状態で即射殺していれば、あっという間にツキノワグマは絶滅してしまうと思います… 個体数が減ると保護をし始めるのも、人間の勝手だと感じます…

------------------------------

@kim_hiyo 軽井沢の取り組みは各地も勉強して欲しいと思います。自分もピッキオの取り組みに賛同します!

------------------------------

@t_ino そもそも、対策をしないからこうなっていると思うので、これが被害者の…とか言うのは話の主旨とは違うと思いますし、被害者に対してはお悔やみ申し上げます。でもこのままならば、更に被害者が増えると思います。

------------------------------

熊の生態や役割を知らない住民の「危険だから殺して」との声が殆ど。「殺さないで」の声は皆無。役所は住民の声を尊重。クマを凶悪犯の様に報道する、事実を知らない無知なマスコミの影響が大。RT @tiropama熊を銃殺したニュースを見た。捕獲して山に返してあげれば。 #kumamori

------------------------------

猟友会や役場は、クマを殺さず山に返し共存する事が大切と分かっている人が多いです。問題は、危険だから殺してと言う市民の声。「クマ達動物が森を作り、森から私達は水の恩恵を受け生かされている。クマの絶滅は生態系を大きく崩し、水を失いやがては人間の絶滅に繋がる」(続) #kumamori

------------------------------

@bear_holic 猟友会の全ての人が趣味ではないと思いますが、そもそもこの”猟友会”という名前がイメージ悪いですね。ゲーム感覚で動物を殺して、剥製や毛皮を得る...そんな事を考えている人が居ないことを願います...

------------------------------

なにか空しさを感じます...メディアの伝え方も悪いと思いますが、どうしても安易に射殺しているように感じてしまいますね...RT @ayano818:@AkiyaTambaクマ射殺のニュース見るの辛いです。猟友会、射殺以外に方法はないんでしょうか?

------------------------------

お腹を空かせたシロクマだって、一度脅かせば以降人間に近づくことは滅多にない。日本は捕獲して脅かして山に返す以前に射殺する。いくら住民が不安と言っても、野蛮すぎると思う。情操教育的にもこれで良いのか?

------------------------------

ツキノワグマに関して彼らは木の実が主食。「クマ=人間が食べられてしまう」という先入観があるから、住民は射殺して喜んでいるとしたら大間違い。人間を食べたなんて、聞いたことがない。

------------------------------

@iphonemasatana 動物の世界では、異種でもああやって仲良くしているのに、人間は同じ種族同士でも仲が悪い... あの二匹を見習わなくては!?

------------------------------

@nadjaism wikipediaの猟友会の活動の一部抜粋します。「...成獣でない場合やクマが負傷している場合でも殺害する猟友会が多いのが現状で、クマの生態数に大きな影響を与えている。」”狩猟を愛好する団体”とも書かれています...




捕獲し放してもまた戻ってきてしまうものもいるといいます。
一旦狂ってしまった秩序はそう簡単には元には戻らない。
もうその状況になったら、そうならざるを得ない。

「もののけ姫」を想い出す。
祟り神に変異していく御事主の目を想い出す。

つらい。



------------------------------追記


猟友会員からの電話通報
http://kumamori.org/news/blog/2010/10/29/recent-act/1431/
* 2010-10-29 (金)
* くまもりNEWS | クマ保護活動 | 野生動物関連

熊森には、仲間の不正を見かねた猟友会員たちからの電話通報が結構あります。多いのが、クマがどんどん有害駆除されているが、殺す必要のないいクマがほとんどだという通報です。クマが高く売れるために、獲る必要のないクマを有害だったと偽ってどんどん獲っている。クマが絶滅してしまう。くまもりなんとか止めてくれという電話です。

これまで何人もの良心的な猟友会員のみなさんに、会いたいといわれてお会いしてきました。驚くべき不正実態をいろいろと教わってきました。日本には鳥獣保護員という制度がありますが、多くの県で鳥獣保護員の実態はオールハンターです。これでは取り締まりが不十分になるのは避けられません。熊森は、このような不正行為をあばく団体ではないので、新聞記者や警察のみなさんにぜひ調査していただきたいです。
 
最近通報してくださった猟友会員の方に、近々、お会いしてこようと思います。




人災か! また人間か! このページのトップへ
巨星堕つ

47NEWS
俳優の野沢那智さん死去
アラン・ドロンの吹き替えなどで知られた俳優の野沢那智さんが、肺がんのため死去した。72歳。 2010/10/30 17:41 【共同通信】


山田康雄ベルモンドとのボルサリーノ。最高でした。
ご冥福をお祈りいたします。 このページのトップへ
酒は、ビールを少量嗜むくらいで「終了」といった、酒ヘタレ派。でも酒は基本的に好きというアンビバレンツな自分。
こういう者とすれば、きちんと温度管理したお店で、一本だけキリリといただくキリンラガー中瓶の幸せといったらない。
少量で「ああ、ビールを飲んだ!」という気にさせてくれる。

あの苦さがたまらなく恋しくなるときがある。
そこに肴があうと至極、幸せ。
そして肴はやはりその土地のものをいただくのがいい。

今年もその時間を終え、なんとか着地。脱線し、どこかにぶつかり、破綻を来したり、シッチャカメッチャカになりつつ乗り切った自分へのご褒美として空港での出発待ちの間にレストランで軽くやるラガー。
一瞬のことではあるがほんとにホッとする。

素敵な学生達とそれを支える教授陣の素晴らしい連携。開催地の方々の盛り上げ。
その力添えになったどうかも怪しいが、毎年見せてくれる素晴らしいバトル&パフォーマンスに胸を熱くしつつ、その傍にいられるのは、幸せなことだとかみしめる。

この苦さは、いいね。
このページのトップへ

ミクロネシアの小さな島・ヤップより
これは仕掛けられた(レベルの低い)権力闘争だ!by 小沢一郎
http://suyap.exblog.jp/11403164/

それにしても、いまのニホンを覆っているニチジョウカイワデ セイジテキナコトニ フレテハ イケナイという恐れにも似た感覚というか、ジブンノ メノマエノ カイラクダケヲ カンガエヨという無責任な生き方への洗脳、コレガ イチバンノ モンダイカモシレナイ ナア…



やきもきしてる。
こっちにいても、そう。
周りの人たちは、自分も含め、それどころじゃない。
なにをどうしたものか……生活をしながら、その横で今できること……。

ピナ・バウシュの「私と踊って」をみた。テレビで。
大勢のダンサーが右往左往して踊り、歌い、叫び、笑い、現れては消え、消えては登場する。

右往左往し上下左右し組んだと思えば崩れ、謳い、罵倒し、彷徨う。
混沌をかなぐり捨てるように、私と踊って欲しい、と叫ぶダンサーたち。
優れた芸術作品はそのものがみるものの鏡になる。

「今」まったく「今」……右往左往してる「今」。
このページのトップへ
フィリピンは蟹の国だと、その赤黒く日焼けしたいい歳の現地添乗員は冷ややかにわらった。
嗤いになにか感じたのだろう、蟹の国?と私が聞き返すと、いままで日本人観光客の傍若無人さにもめげずにこやかに現地語と英語そして日本語を駆使して献身的に働いてきたその人懐っこさから、ふと薄皮一枚剥がれたかのようにして口元がゆがむ。

お客さん、ボール知ってる?
ボール?
ボール、いろんなもの入れておくね。
ああ、台所でつかう?
そうそう、それ、サラダボールね。それに島でとれるちいさい蟹、いれるね。いっぱいに。
蟹ねぇ。
生きたままね。でも逃げない。食べられるまで逃げない。
へー
何でかわかる?

こちらを伺いながら、答えをいつ言おうか、タイミングを計っている。

糸で繋がってもいないよ。フタもしてない。

こちらが窮して「うーん、わかんない」というのをまっているようだ。

一匹逃げるね。すると、他がハサミで足を引っ張るね。カシャカシャカシャ……いつまで経っても誰も出てこれないね。だからだいじょぶ。
はぁ、自動的に……ねぇ。

蟹はボールから出ようとする蟹を引っ張り合いして出さないようにするということ、そして、もとのボールに引きずり込み、押し合いへし合いしているのだという。
やがて人間がそのボールをもち、沸騰したお湯に、蟹を全部流し込んで料理されてしまう。という。

同じね。フィリピン。ひとのチャンスなくすね。




ピナトゥボ噴火っていう神風も吹いたのもあるけど。

あれからもう20年は経つ。どうだろう。
その添乗員は夢があると言っていた。
仕事をし子供を育て上げたら、この国を出て、次の人生を探すという。
しわくちゃに笑ったてたね。たしか。
このページのトップへ
今の世の中を表現すると、以下の岩上氏の言葉が鮮やかだ。

iwakamiyasumi 岩上安身
公然たるリンチで人が葬られることはあってはならない。「小沢だからやられるんだ」と考える人は、「小沢ですらやられたのだ。自分も含め、誰でもやられうるのだ」と考える想像力を欠いている。いじめと同じ。いじめに回っている人間は、自分がいじめられる側になりうることを忘れている。



まさにこれ。
一つ加えるなら、自分がいじめられる側になりうることを忘れている“フリ”をしている。本能的に。

これと、人の愛というか、エゴというか、その相克に挑みかかって、世に出たのが畑澤氏。っと、お見受けする。

このワークは注目だ。
このページのトップへ
「ルポ貧困大国アメリカ」シリーズの堤さんが知らせていたこと、「ミクロネシアの小さな島・ヤップより のスーさんの伝えた記事」……「日本も同じになってしまってるぞ!」って警世の声だった。結局、全部これに繋がる。



マスコミに載らない海外記事
アメリカの警察国家化、もはやお墨付き
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-7c85.html

“ ある「反基地」集会に行ったことがある。
“暴力的な過激主義”でもなければ、“テロ活動への物的支援”でもなく、単に基地反対がテーマというだけの集会だ。
何より驚いたのは、会場入り口周辺に大変な数の公安とおぼしき人々がいたこと。
まるで「基地反対」“暴力的な過激主義”か“テロ活動への物的支援”の様な扱い。
やがて宗主国に習い、豪邸拝見ツアー事件のように、集会参加の市民を強引に逮捕するようになるのだろうか。 ”

“ ところで、宗主国訪問中、「石油資源などあきらめて、尖閣紛争を煽り、愛国主義を焚きつけ、辺野古大基地建設を推進しろ」と言い含められたのだろうか?属国の貧民として、つい妄想したくなる。そもそも、傀儡首相就任後の初訪問、服従を誓う為の面通しなのだから。 ”

“ 尖閣問題、安保の実態、マスコミ記事・番組より、岩上安身氏による孫崎享氏インタビューの方がはるかに役に立つ。何のため基地被害を受け、ATM替わりにむしられているのかわかるだろう。なぜこのような素晴らしいインタビューが無料で見られるのか不思議。 ”

“ マスコミ、ソ連以下、北朝鮮並という事実は重い。 ”

“ 尖閣問題で何の支援もしない(条約上、そうなっている)アメリカが、堂々とみかじめ料の増額を要求してくる。前門の虎、後門の狼。属国は悲しい。 ”




もうね……このブログへいってほしい。
どこかの社説にそのまま転載してもいいくらいだと思う。

シロウト、限りなくアマチュアなボランティアな人々が正論をのべ、警鐘をならすという世の中になったのだ。

それから、中国の中で仕事をしている、飯山氏の言葉にも触れないわけにはいかない……



ヤフーに2回も抹殺された 飯山一郎の さすらいの ホームページ
http://grnba.com/iiyama/

2010/09/30(木) スッカラカン!

 私儀、飯山一郎、昨年から9ヶ月余り中国に滞在し、1ヶ月前に帰国した。
この1ヶ月、私の心中は暗澹として落胆一色であった。

…もう日本には夢も希望もない。
21世紀の日本は、腐るように、朽ちていくように崩壊・沈没していくだろう…。

こう思いながら、私は日本列島を駆けめぐった。

 日本の田舎・地方は、疲弊というより、回復不能の重篤状態といったほうがいい。

有能な若者が、職がないどころか明日のコメさえない心痛のなかで沈んでいた。

産業は空洞化し、地方の工業団地にはペンペン草が茂り、閑古鳥が鳴いていた。


 日本の政治は、最悪というより、亡国の路線を突っ走っている。

この1年半、マスコミは “小沢失脚” を狙う悪質なネガキャンを強行してきた。

この世論操作は大成功し、騙された国民は公正な判断力を失ってしまった。

特捜検察は罪状をデッチアゲ、小沢一郎を1年半も捜査したが、結局は不起訴。

菅直人は、このデッチアゲを知りながら同志であるはずの小沢を攻撃する始末。

ここまで卑怯な悪漢でも総理になれるのだから、日本の政治は北朝鮮以下だ。


 菅直人に関しては、もっと悪辣な不正行為がある! それは…、

民主党代表選挙の際、筑波の某所で11万票もの小沢票を抜き取った犯罪行為だ!

このことは、ネットやツイッターの各所で明確に説明し尽くされている。


この不正選挙は、ブッシュ一族が犯したフロリダ州での不正選挙より悪辣だ。
ブッシュ一族の不正選挙は、苦し紛れで開票マシーンを操作しただけだが…、
菅一派の不正選挙は、投票用紙の印刷段階から巧妙に仕組まれた犯罪だからだ。

 不正選挙で獲得した国家権力は、ガバナンス (統治能力) が空洞化する。
謀略行為で獲得された国家権力は、レゾンデタ (国家理性) が悪魔化する。
実際、統治能力を獲得するため、不法権力は悪魔とも手を組む。
ブッシュ一族は、米国内の最も悪辣な機関(悪魔)と手を組み、グランドをゼロにした。
菅直人の一派は何をやったか?

米国防略機関と手を組んで強行した尖閣諸島沖合での戦争挑発行為がそれだ。
これは悪質きわまりない!

 9月7日。尖閣諸島・久場島の沖合15キロの海上。
大音響を発しながら海上保安庁の大型巡視船が中国漁船を執拗に追尾しはじめた。

標的とされた漁船が2隻の巡視船に挟撃される様は、動物狩りのようだったという。

この前代未聞の暴力的な漁船狩りは、百数十隻の中国漁船に目撃されていたのだ。
目撃した海保の暴力行為(現場情報)を、中国漁民たちは本国に一斉打電した…。


 いま、中国大陸において情報が拡散する速度と規模は想像を絶する。
老若男女が携帯メールのコピー機能をフル動員してメールを出しまくるのだ。
ビックリ情報を受信した人間は、即座に何十人にコピーメールを発信する…。

受信した人間も同じように驚愕情報を出しまくる…。この数はネズミ算の比ではない。
現場から発信された “正確な情報” は、こうして中国全土に拡散していったのである。

 「先に手を出したのは日本だ!」

中国では、先に手を出した者は徹底的に叩かれる。
まして卑怯な喧嘩をうり、先に手を出してしまった日本…。
これは生半可なことでは許されるものではない。

 …真夜中深夜に日本の大使が呼びつけられる。
 …国連の場で、温家宝が堂々と船長の釈放を要求する。
 …日本側に公然と謝罪と賠償を要求する。

これら全てが、中国にとっては当然のことなのである。

 …日本が、中国の要求どおり、あっさりと船長を釈放してしまったこと。

これも、だから当然のことというか、理にかなっている。弱腰でも何でもない。

 …中国漁船が体当たりしてきた! というビデオを公開できない日本。
 …最も重要な証拠であるはずのビデオを見ていない! と言い張る菅直人。

菅内閣のガバナンス (統治能力) は、あきれるほど空洞化しまっている。
ようするに、スッカラカン! なのである。





この飯山氏の言葉の中の大使が呼びつけられた話は、マスゴミの誇張、捏造の類のようだけど……

氏は1ヶ月、地方の知古を飛び回ったのだろう。
詳細は語られてないが、文面からは危機感いっぱいだ。

でも生活している側からすると、貧乏暇なし、忙殺というヤツ。
映画『ミツバチの羽音と地球の回転』の祝島の人たちのような、戦わなきゃいけない、生活もしなきゃいけない、商売もしなきゃいけない、夢も追いたい……人生が2度どころか100万回くらい生きたい状況になってる人も居る。
もしくはレイオフで給料半額保証でヒマとか、もしくは、あきらめ……。
実際の生活の感じはもっとのっぺりとしていると思う。のんべんだらりと不安。
何となく貯金がある人は、まだ大丈夫なんだろうけど……、もし、ドルが……とか、もし中国と××……とかが、おきちゃうとあっと言う間に65年前に逆戻りの可能性がある。
土性骨があるか?という意味でかつてよりワケが悪いかもしれない。……薄皮一枚剥げばそんな状態なのだ。

僭越ながら、もしこれに蛇足をつけるとすれば、娯楽と官報と広告のマスゴミによって誘導され、情報読解能力 → リテラシーも低下・空洞化している国民の問題だ。

前田検事が押収した証拠のFDで遊んでて改ざん、捏造した事件で、その上司の大坪弘道って人と佐賀元明って人が、報告があったのにそれを意図的に隠した疑いが強まったとして、最高検察庁は犯人隠避の疑いで逮捕された。

さて、これを伝えているメディアは、この方達からのリークを丸呑みして国民に流してたわけで、もしくは顔色をみて記事を発想していたわけで、これはほぼ一蓮托生。
正式な記者会見を行政に求めることもなく、無責任にもリーク情報のみを流し続けた罪は大きい。
この責任はどうやってとるのか? 情報の中間地点、安全地帯にいて「ぼくは、ノーカウント、関係ないしね」って訳にはいかない。 記者クラブによる情報談合問題になる。



内容があまりに予見的なので、
氏の一つ前の、あのフルキャストの日に書かれたエントリーも張っておくことにする。メモとしてね。



ヤフーに2回も抹殺された 飯山一郎の さすらいの ホームページ
http://grnba.com/iiyama/

2010/09/14(火) 日本国の運命が決まる日

 先日、元経済企画庁長官・田中秀征は、
「私はかつて、これほどひどい政治家の変節を見たことがない!」
と菅直人を酷評した。

 同感である。

この変節漢が万一 “続投” ということになったら、日本は恐怖の暗黒国家になる!

支配者にとって邪魔な者が犯罪人の汚名をきせられ収監される警察国家になる!

悪漢が勝つか? 剛腕が勝つか? …まさに天国と地獄の分かれ目である。

…まさしく本日は 『日本国の運命が決まる日』 なのだ。


 「いや! アジアの運命が決まる日でもある!」

こう言ってきたのは、カン、いや、ガンとの闘いに勝ったヤン教授だ。

 「すでに菅は米国の謀略機関の手先で、中韓とも警戒モードに入っている!」

 「それってマジですか?」

と、私がせき込んで尋ねると、ヤン教授も高揚した声で答えてくれた。

 「米国の謀略機関は、日中韓が仲良くなるのを極端に嫌っている!」

 菅は米国の言いなりになり、隣国に対して挑戦的になるだろう。

小沢は菅の卑劣な挑発(政治とカネの問題)を泰然と受け流していたが…、

中国は菅直人の挑発を好機! とばかりに受けて立つ。

日中関係は小泉のときよりも悪化するだろう。

小泉ポチよりも、狂犬・菅のほうがワンワンと吠え方が激しいだろうし。
…といったヤン教授の話を私は質問でさえぎった。

 「菅の挑発を受けて立って、中国には何かメリットがあるの?」

 「ある!」

世界の覇権国家になる中国は、菅の挑発は軍備増強の格好の理由づけにする。

中国は、太平洋の覇権(権益)も欲しいのさ!
…と言うヤン教授の持論には説得力があった。

 こりゃ大変だ!

 私の中国でのグルンバ・ビジネスにも大変な影響がでる…。

 私は、いても立ってもいられなくて、昨日上京した。





ちょー危険な似非政府が乗っ取っている日本。
やばい。本当に。
もうね、右も左もないよ、自分の住んでいる日本のことを考えたら、祝島の戦いが、相似形の未来の日本だ。

岩上安身氏の孫崎享氏へのインタビュー(9月26日)を張っておこうと思う。
なんだかにこやかに話は進むが、内容は超弩級。それを出来うる限り平易に教えてくれる。良い意味で啓蒙的。

孫崎享氏のことは岩上氏が金沢に来た折りにも触れておられたけれども、精密に、今を、米国と結んだ条約の詐欺性……とまでは言わないか、アンバランスさを読み解き、解説している。
内容はかなりなものだ。 土日の朝、マスゴミの流すセージ番組などをみて洗脳されるより、土日の朝にこそ、聞き流すだけでもいいので、このインタビューに触れて欲しい。


100926孫崎享氏インタビュー




新書って活字も大きいし、内容も集約されてて、あっと言う間に読めちゃうので、忙しい人にもお勧め。


日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて(祥伝社新書210)日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて(祥伝社新書210)
(2010/09/01)
孫崎 享

商品詳細を見る



ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)
(2008/01)
堤 未果

商品詳細を見る



ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
(2010/01/21)
堤 未果

商品詳細を見る



アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)
(2010/03/30)
堤 未果

商品詳細を見る



民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる民間防衛 新装版―あらゆる危険から身をまもる
(2003/07)
不明

商品詳細を見る



ところで、名古屋おめでとう!46万?すごい! まぁ、ついでに中日も。 このページのトップへ
いきなり話は違うけど、ここを読んでみて欲しい。



ミクロネシアの小さな島・ヤップより
ティーンエージャー女性兵士の戦死 & 放射能は風に乗って...
http://suyap.exblog.jp/11340099/




こんな現状が迫ってきている。スーさんありがとうございます。
相変わらず不躾に、勝ってに張り付けましたが……。



で、映画『ミツバチの羽音と地球の回転』だ。

生活の上に、無表情に理不尽が降ってくる。
仲良く暮らす島の人たちを引き裂くカネ。

先日、金沢に来ていたので、ようやく鑑賞出来ました。

客は入ってたねぇ。盛況。で、自分的には最後まで直視できませんでした。いや、真ん前で見たので、目がチカチカクラクラしちゃって…もうね…吐き気をもよおしそうになって最後の三〇分は目を閉じて、音だけ聞いていました。そんなヘタレな状態だったわけですが……。

作品はとても良く、六ヶ所村ラプソディーに続き、鎌仲監督の描く、権力が弱い者を引き裂いていく理不尽さ、ささやかな生活を守り生きる人々の姿、胸に迫るものがありました。



映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
http://888earth.net/index.html





地球温暖化CO2悪玉説詐欺、雇用が減る、貧困、少子化、過疎、生物多様性ホットスポットの破壊、金融、エネルギー……今の日本の政治の貧しさがそのまま反映している。

それにしても、この国と彼の国との差……なんですかね?これは?

2020年には石油に依存しない国を目指すというスウェーデン。
電気には種類があって選べるというスウェーデン。
スウェーデンはエネルギーは自由化されている。
これには驚いた。

対して此方、日本・祝島の様子。お年寄りだ。必死にバリケードをつくって抗議行動。声に力がない。だって当たり前だ、歳なんだから。そんなお年寄りが座り込みだ。何日も。

もう見ちゃ居られない。

でも頑張っている、笑っている、笑いが絶えない。


鎌仲監督は地元一本釣り漁師の操業の様子をそっと差し入れる。どれほど自然というものが密接に繋がっていて微妙なバランスの上に成り立っているか……「1」を投げて「10」を知らせる。

原子炉を通って出る温排水の影響の見積もりが、ちょーいい加減な中電。


だいたいこの温排水が「放射化」されていないはずがない。
鉄が磁石に吸い寄せられたあと、磁気を帯びてしまうように、放射性物質の近くに物を置いておいただけで、その「物」そのものが放射能を放ち出す。微弱ながら。
それは鉄でも水でもコンクリートでも空気でさえそうなのだ。

その水を取り込んで育った魚や海草を人間が食べる……。
ちょー微弱であっても継続的な内部被曝は恐ろしい……。
そんなこと言い出しゃ食べられるものなんて無い娑婆よ。でも、自分は望んだわけではない。だから言う。


映画は、日本の電力会社、中国電力と祝島住民との壮絶な戦いを描く(ネタバレになるのでいっぱい書いたけど削除。)

でも、海上浮標を巡ってのにらみ合いには少しだけ触れておかずには居られない。

「みなさん、第一産業だけではこれから衰退するだけです!」

ナメたセリフを無表情に吐きまくる現場の責任者。

このちょーいい加減な中国電力の現場責任者のウソを見抜くお年寄り達。

姑息にも中国電力は紳士協定を破り、夜の暗いうちに浮標を敷設!
業者に危険な作業をやらせたのも酷い、
だいたい汚い!やりかたが!
悪辣!
ゲス!。

署名を集め、多分霞ヶ関だろうけど抗議する祝島の人たち、テキトーにあしらう国の役人、無表情、役人も困っちゃいるようだが困り方が違う。怒る祝島「いっぺん現場に来い!」

既視感いっぱいの交渉場面。
擦れっ枯らしになるかもしれない……そういう結末を思っていたら……



まだ続いている……この理不尽さ。



-------------深呼吸してっと。


映画、見てくださいよ。



映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
http://888earth.net/index.html





なんで、日本が、スウェーデンのようにやれないのか?考えてみよう。


出来ることから支援しよう。

まずはのぞいてみよう。そして買おう、買える物から。自然の恵みを。



祝島市場
http://www5d.biglobe.ne.jp/~jf-iwai/





コッコー、うまそー食いてぇ!でも今シーズン終わってるぅぅ!

アミグダリンの「ビワ茶」いっとく?



------------------------------追記



2010年10月1日 早速、中国電力株式会社様、ヤフーで検索かけてお越しいただいたようですね。お疲れ様です。

このような、文法もわきまえない、不躾で、いい加減な個人ブログです。


ま、


要するにこういうことなんだろうけど ↓

上関原子力発電所準備工事に係る
埋立工事妨害禁止仮処分命令認可決定に対する
保全抗告事件の決定について
http://www.energia.co.jp/info/oshirase_2010.09.15.html




ブラックボックス。
これじゃぁ、何が何だかだよ。正直。

この決定らしきものを、金科玉条のごとく使っているけど、なにが、どうして、こうなった、の部分を世の中に明らかにせずに、やるのは、不誠実極まりない。


オープンにしなければならないことはまだまだあるはず。


利潤追求も確かに大切だが、過ぎたるは及ばざるがごとし。
企業は社会貢献するのがつとめ。


祝島の人と、祝島の自然と、ちゃんと向き合ってほしい。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

09月 « 2010年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析