スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
本番終了
芝居本番が終わりました。
夢の終わりです。

お集まりいただいた方には本当に心から感謝申しあげます。
ありがとうございました。

毎回そうなんですが、奇跡的なものを感じながら芝居本番を過ごしています。
今回も奇跡的なことが起きてるんです。
私はオカルト趣味ではありませんし、宗教家でもありません。
でもそんな目をもってしても「奇跡的なこと」が起きているとしか申し上げようがない事が起きているんです。

その奇跡を目の当たりにするのは限られた者だけというのがなんとも言えず不可思議です。
また受け止める側にも気力体力がないとうけとめられないというのもあります。

そういう意味では支える私の臨界点は超えていたと思います。

こんなへなちょこな私を支えてくださった皆様にも感謝感謝です。
特にkoyuさん!
あなたにはまた助けられました。超前向きなあなたのおかげで最終コーナーを回らせていただいた思いです。
本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
[2007/12/24 08:41] | シバイ | page top
威風堂々 初日 そして千秋楽
この磁場のようなもの。
やり直しのきかない時間。
ワケのわからない濃い濃い時間を過ごす。

ワケがわからないがどこか肯定的。
みなさんの席はここ。
初日にお越しのお客様ありがとうございました。

出演者たちの初日に向けた変化は相当なものです。
これが初日をあけるということなんですね。

それも今日終わってしまう。

もう?

儚いが
それが夢

[2007/12/23 08:26] | シバイ | page top
芝居は「化けそう」な予感。
素人芝居って結構、振り幅があって、一点突破で突き抜けるときがあるんです。
[2007/12/20 17:02] | シバイ | page top
さて、ゆめの「週」のはじまりです
今週、22日と23日は物語威風堂々です。
年末はなにかと気ぜわしく忙しい時期が続きますが、どうかみなさんお誘い合わせお越しください。
基本的にはちょっと変わった見世物風情の小劇場演劇です。
普通の女の人や少年が活躍する冒険酔夢譚です。

劇することは山を登るに似ている
挑むことで世の中のどなたかと時空をともにし、お互いの人生を確認する
すれ違う場。時間
毎回それを設える
苦しくとも楽しい
「私はまだ生きているし、あなたもまた生きている」
[2007/12/17 15:38] | シバイ | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。