こわれたおもちゃをだきあげて

この国の秩序らしきものは一般国民の「積極的に知ろうとしない態度」によって保たれている。 メディアは国民の「積極的に知ろうとしない態度」につけこんでマインドコントロールをしている……

土地を粗末に扱うものは必ず土地から呪いがかけられる。

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK224 > 547.html
麻生氏も苦言。安倍首相に関わりが深い、第2の「森友学園」疑惑  新恭(まぐまぐニュース)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/547.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 22 日





★阿修羅♪ > 経世済民121 > 361.html
電通と博報堂はいったい何をしているのか 超エリート集団の実態とは(東洋経済)
http://www.asyura2.com/17/hasan121/msg/361.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 24 日


「なにをしているのか」 とはいいタイトルだと思う。
なぜなら、彼らは大局的には何も考えず、お客様のために尽くすが理念だから。

このページのトップへ
ガチャギリね。
だとしたら忖度しまくりだね。

「このままじゃ不支持が圧倒的だ・・・」先回りして「切ってしまえばいい」→「切られたことにして無効にしておけば良い」
服従に次ぐ服従・・・行き着く先は 焼け野原
nandejimin

wwwこんな調子だよ!でんでんは。

何を言おうが、議論をしたことになってしまう。そんな国会にノコノコ出かけて、正論を吐いても空しいだけよ。国会止めろ。


国会は無法者に乗っ取られているので、審議は止める以外に良い方法はありません。



官僚は内閣人事局が怖くて唯々諾々




このページのトップへ
まずい

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK224 > 371.html
<アベ友疑獄>昭恵刑事告発はオウンゴールか 小沢代表「時期尚早」(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/371.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 19 日


なるほど、むずかしいね・・・
連携をとるというのは奇跡的なバランス感覚が必要。
今は「君子豹変す」で思いとどまってほしい。

そうです。もう独裁国家完成してるんです。あ、毒妻国家か(爆
今後はその毒妻の毒が下々にまで回り始めるタームです。


バラエティ番組にでも出てる気分です。
張本人が「オレ様の考えていることの先回りをして従ってくださいよ!」と言って笑いをとっているんですから。

LITERA
北朝鮮がミサイル発射しても安倍首相はフィットネスに絵画鑑賞…危機を煽りまくった張本人が豹変
http://lite-ra.com/2017/04/post-3085.html


国民にはこう言っておけばいいさ。それが仕事・・・
共謀罪は必要だろ?という演出だけどね。


「根拠がないなら妄想やデマで、根拠があるなら軍事機密をぺらぺらしゃべっている」
これって「詰み」だし、「罪」だよね。

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK224 > 358.html
Facebook:世論調査 内閣支持率…5.0%(安倍政権の支持率は朴槿恵大統領なみ) 
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/358.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 18 日


正味、こんなもんだと思う。



やっぱ、「考えない」のは罪だ。

しかしここまでの様子を見て、おかしいと思わずにはいられない。
そもそも「でんでん」がこんなに切れ者のはずがない!

でんでんのやらかした不始末を尻拭いし、無きことにし、その後の行動の入れ知恵しているものがいる。
そうでなければ、籠池氏の発言一発でぶっ飛んでいる。
それをここまでクリンチで時間切れまでモタモタさせて、話をそらしまくって。

そんな事ができるのは「でん2」にきまっている。






このページのトップへ
カクギケッテーねぇ・・・

だいたいミサイル云々より、「花見」に興じるでんでん夫婦、「ゴルフ」に興じる西洋カルタ、喜び組と戯れる刈り上げ君という現実を報じるべきです。
何度もそのミサイルの映像見せられるけど、CGっぽいけどね。
だいたい、その着弾したという水域に本当に着弾したの?


イヤらしい・・・事大主義者を周りに並べて笑ってもらって・・・高額商品を不当に売りつける催眠詐欺行為に類似した行為。
軽口たたくヒマがあったら、国会にアキエちゃんを連れてきなさい。
そこで勝負したらどう。

カルトは内部にいると気がつかないものです。

佐川君のウソ完全にバレました。
菅野さんのおかげで物証が出てきたわけです。

籠池案件と加計案件ちゃんと報道してね。

それとなんでもカクギケッテーして標語化するのは子どもっぽいのでやめなさい、みっともない。


★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK224 > 278.html
山本太郎議員提出『「総理大臣をやめる」との首相答弁に関する質問主意書』答弁書。非常に悪質な答弁、メディアは徹底追及を。
http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/278.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 16 日



縷々言い訳を述べるでんでん。
答えたくない質問には答えないと言っているだけ。時間を使うだけ。(youtube)
https://youtu.be/9E15S0Qy124?t=27m

このページのトップへ


全力で「軍事パレードが!」「米国の誰それがやってきた!」と、騒いでいますが、結局のところ、お花見ですから。
推して知るべし。
でんでんは、嫁と一緒に逃げ切ることだけが最重要事項。
ヒミツ・密告国家を作って、東朝鮮初代国王の座につくことの方が大切。

--------追記----------

simatyan2のブログさま

simatyan2のブログ
『極悪夫婦「安倍晋三と昭恵」を牢屋にブチ込め!』
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12266451891.html



司法が機能してほしい。祈ります。



このページのトップへ
1945年への道さま


文中の「混ぜ物危険」とは!まさに我が意を得たりです。

たとえばワイドショー、バラエティーショー、ニュースショーなどの番組形式。
たとえばメディアミックスと呼ばれる広告手法。

ニュースは速報性を大切にし
注目の事案は特集番組として深く掘る

このやり方で良かったのだと思います。
ニュース枠の中で、権力の動向と災害と同列に芸能やスポーツ、健康に関することや、広告まがいの事案を扱い混ぜものにする。

思えば、私の子どもの頃のテレビは天気予報でさえニュース枠とは別にしていたと思います。
そのあたりの線引きは厳格でした。

良いかわるいかは別にして「標準語」に対するこだわりもハンパなく、アナウンサーのプライドはまさにそこで保証していたともいえるほどです。(生きた日本語という意味では議論百出だと思いますが)

標準原器をしっかりさせよう、守ろうという気持ち、気概が40年前くらいは強かったのだと思います。そういう意味では今のドイツと同じように先の大戦のことを冷静に見つめようとしていたのだと思います。そしてあんな悲惨なことにはもうあいたくないし、あわせたくもない。
ですが常にそれは批判にさらされ、破壊され、あたらしいものの勃興と競い合い鍛え上げられなければならないのです。
人の営みの中でそれは畢竟。
が、おそらく七十年代終盤から八十年代中盤までのパンクムーブメントと共にやってきた「笑い」と「明るさ」を強く求める様々なサブカルによって戦後的なものが破壊されたのではないかと思います。
そしてそれは「破壊され過ぎた」のではないかと思います。

今、過度な反省に基づく自虐史観などという言い方をして戦後、戦前の日本のことを省みて、ドイツ国民のように「同化すること」に「付和雷同」することに極めて注意深くあった考えを否定し、一種の外部に敵を見出し、攻撃、排除することで、スッキリとカタルシスを得る方向の論壇が台頭していますが、その成り立ちなど多分に人工的な感も否めなくはないと考えています。 
人工的な匂いがあるが故に、再度の揺り戻しが起きてもおかしくはないと思いますが、富の再分配を阻み、社会に差別をもたらす風潮を喧伝しそのことで一儲けを企むものが跋扈する世の中になってきたので、揺り戻しは「チカラ」でもってなかったことにされています。

「チカラ」に抗うにはやはり「心」だと思います。

「心」を取り戻すには「芸術―Art」だと思います。

一瞬の「時」を感ずることで、あっという間に我に返る。
茶の湯を楽しむことで一時の平穏を、永遠の一瞬を得たのだろうと思います。
一幅の絵に出会うことで時と場所を越えてその作家と出会う。
劇場で一人の俳優に立ち会うことで、その時代、立場、匂いを想う。
アートを感受できる感性を育てることが、希望に繋がると思います。





このページのトップへ
その口がヌケヌケと言い出した。

Sputnik
北朝鮮がサリン弾保有の可能性と安倍首相
https://jp.sputniknews.com/japan/201704133532842/


相手にするな。
このバチ当たりは戦争ビジネスをやりたいだけだ。
このページのトップへ
ウソ(カクギケッテー)ばかりついている権力。ウソをウソだと指摘しないで、性能の良いクルクル回る素敵な偶像を惜しみしゃぶり尽くすことに汲々とする幇間ども。
でんでんの庭だと思っていたらでんでんは庭師に過ぎなかった。それも出来のわるい庭師。「松の枝ぶりが」「石の配置が」などと言ってるうちに、旦那のご意向で重機が入り、松は切り倒され、コンクリで埋められ、庭は駐車場になってしまう。でんでんは人足を買って出るわけだが、最後には駐車場の管理人。使ってきた人足は皆人柱として埋められてしまった。管理人として小銭を数えながら、曳いてきたつもりが曳かれ者だった事に気づく。気づいた時にはもう遅い。負け惜しみを嘯いて、下手くそな松の書き割りでも書くのだろうか。この莫迦ものは。駐車場がそれほど儲からないと気づいた旦那は、駐車場の管理人を追い出して人も住めない爆発物処理場兼産廃置き場にしたそうだ。

普通の人は知らないね。
この国が、でんでんの独裁国家になってしまっていること。

このページのトップへ
テレビは森友を報道しなくなった。なぜ?アレこそ核心だからです。



これが先か? 政権崩壊が先か?

★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK223 > 724.html  
<共謀罪法案反対集会> 山本太郎が吼えた!「全てはアノすっとこどっこいのせいだ!」「彼らこそ共謀の中心にいる人間だ!」
http://www.asyura2.com/17/senkyo223/msg/724.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 08 日


慌てふためいて覆い隠し、ただ守るのではなく、攻めながら守っている。
全てを持っている側がこれだ。

持ってない側は、騒ぐしかない!





反省どころか居直り。


それじゃなにかい?今後、原発事故で住むところ奪われても、そんなもの知らないよというわけですね。
なら、政府はいらないね。


X-Dayが来ちゃうとこれらのものがすっ飛んでしまうかも知れない・・・




このページのトップへ
私はいまだにトランプという人の事を捉えられない。
ただ、櫻井ジャーナルさまやvelvetmorningさまのお話しをよみ、マスコミが報じるものと実像の差はあると読み取っていました。
つまり女性蔑視だ独裁だといわれ、その風貌から妙なモンスター扱いもされているが、冷静に考えれば、そんな男をアメリカ国民は大統領に選んだわけです。それは取りも直さず「米国民にとって良い政治目標」を掲げていたからです。
それは「侵略戦争から手を引く」というのがあったのだと思います。戦争屋はもうゴメンだと大半の米国民が思っていて、そのマインドにピタッときたのがトランプだったわけです。
そのトランプが70発のミサイルをシリアに撃ち込んだ・・・・
私は、櫻井ジャーナルさまのいう、トランプのスタッフがジワジワとネオコンのスタッフに切り崩されているのが気にかかります。
今回のそれは、大統領ですら騙す、抱き込むという恐ろしい戦争屋の企みを垣間見たようでゾッとします。
これは例の普天間県外移設の件で、米国側が怒っているという偽情報を流し鳩山さんを騙してまで県外移設を断念させた官僚のやったことにも通じているとみています。
そのくらい戦争は儲かるのですね。
儲けのためには「サリン詐欺」もやるのだろうとみています。
私は、TVドラマで観た、スパイ大作戦の中でよく使われていた「ターゲットに偽情報をつかませ、思惑通りに利用し、場合によっては失脚させる。」という計略をリアルにやっているのだとみています。
私はサリンはトリックだと思っています。

《櫻井ジャーナル》さま

《櫻井ジャーナル》
バノンをNSCから排除したトランプ政権は親イスラエル派で固められ、ネオコンの好戦的戦略へ回帰
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704070000/

西側の政府や有力メディアが情報源にしているSOHRや白ヘルは米英情報機関やアル・カイダと連携
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704070002/


米支配層はオバマ政権の時代から化学兵器使用の濡れ衣をシリア政府へ着せて侵略を狙ってきた
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704070003/



トランプ氏のような、ある意味直情的な男には難しいのかも知れない。

このページのトップへ

FC2Ad

Information

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

原発反対

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

フリーエリア

  1. 無料アクセス解析